ランキングトップ5

ストレスがもたらす生理痛への影響って?

私たちが過ごしている日常には、ストレスがたくさん潜んでいます。特に女性の社会進出が進み生活習慣が悪化してきている現代、ストレス過多で様々な病気を発症する人が増えてきています。もちろん生理痛もその一つ。溜まったストレスをそのままにしておくと、生理前症候群(PMS)の症状が悪化してしまう可能性があるのです。

ストレスが生理痛に与える影響

ストレスと生理痛の関係人間関係・仕事・育児など、日常生活の中にはストレスになる要素がたくさんあります。そのため、ストレスが過剰にかかり、体調に異変をきたす人が年々増加していっています。女性のお悩み・生理痛も異変が起こる症状の一つで、ストレス過多になると症状が悪化すると言われています。では、ストレスと生理痛の関係性について、もう少し見ていきましょう。

私たちが過ごす現代社会は、ストレス社会ともいわれるほどストレスに満ちていて、ストレス過多になっている人も大勢いらっしゃいます。体に過剰なストレスがかかると体が緊張状態になり、自律神経の乱れ・呼吸の低下・血行不良・偏頭痛などを引き起こし、代謝も抑制され大きな病気へ発展する場合もあるのです。

生理痛も、ストレスにより症状が悪化するものの一つです。自律神経の乱れはイライラや不安感といった症状を、血行不良は腹痛や腰痛の症状を悪化させます。また、過剰なストレスがあると不眠にもなりやすく、新たな女性ホルモンの生成を邪魔してしまうため、生理痛の要であるホルモンバランスにも、大きな影響を与えてしまうのです。 >>ホルモンバランスを整える成分を見る

こんな人は要注意!ストレス過多の危険性

ストレス社会と呼ばれるくらいストレスに満ちている現代。でも、同じ時代を生活していても、ストレス過多になってしまうタイプの人とそうでもないタイプの人がいるのです。ストレスは自覚のないまま溜まることが多いものです。そこで、下の項目をチェックしていくことで、自分がストレスを溜めやすいタイプか確かめてください。

仕事は最後まで完璧にこなさないと気が済まない
責任感が強く、努力家で完璧主義。親分肌で何でも自分で背負込んでしまうが、オーバーワークでも人に頼ることが苦手。失敗すると全てが終わったというような落ち込み方をする。
人の行動が気になってイライラしてしまう
頑固で、「こうあるべき」と思ったことを曲げられない。他人のミスが許せない。すぐにカッとしたりイライラしたりする。
自分の意見を言うことが得意ではない
内向的で、嫌と言えない。自分の意見を通せない。人の目を極端に気にする。一人になると自己嫌悪に陥る。
始める前から色んなことが心配になってしまう
心配性で、取り越し苦労が多い。ネガティブな想定ばかりをしてしまう。何かあると、その前から不安で眠れなくなる。

上記にひとつでも当てはまる人は、ストレスを受けやすくまた溜めやすい傾向にあります。ストレス過多にならないよう、注意してください!

ストレスは万病のもと!解消で生理痛も緩和

近年、ストレスによって様々な病気が引き起こされることが分かってきていて、脳疾患やがんの発病にも影響していると言われています。もちろん、生理痛にとってもストレスは症状を悪化させる要因の一つ!ストレスのない生活を送るというのは、今の社会の中では非常に難しいことなので、上手に解消していくようにしましょう。

ストレスは溜めずに解消を!

ストレス解消で生理痛も緩和ストレスは、あらゆる体の機能を低下させる可能性を秘めています。特に自律神経や血流への影響は、生理痛にとって歓迎すべきことではありません。辛い生理痛を緩和・改善していくためには、できればストレスのない生活をすることがおすすめですが、現代社会の中でそれは非常に難しいことです。

ですので、受けたストレスを溜めずに上手に解消してあげる事が、生理痛や他の病気にとっても有効となってきます。スポーツ、旅行、映画や音楽鑑賞なども良いですし、自宅でゆっくりするのもおすすめ。

ストレスで緊張した脳を休ませてあげられる、そんなリラックスタイムをつくるようにしましょう!

生理痛改善>>生理痛対策に有効?!サプリメントの実力

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ