ランキングトップ5

生理痛の悪化と睡眠不足

睡眠は、体のバランスを整える働きをしているため、睡眠不足になると思った以上に体への負担となるのです。特に、女性ホルモンの生成は睡眠中に行われるので、十分な睡眠がとれていないということは、体内で女性ホルモンが不足してしまうことになるのです。そのため、睡眠と生理痛には密接な関係があると言われているのです。

睡眠不足と生理痛にはどんな関係が?

睡眠不足は生理痛悪化の原因私たちの体は、睡眠中に体のバランスを整える調整を行っています。生理痛と関係の深い女性ホルモンも、睡眠中に生成されることがわかっています。ですので、十分な睡眠がとれず睡眠不足になってしまうと、生理痛の主たる要因であるホルモンバランスの崩れが起こってしまい、生理痛の症状が悪化してしまうと考えられています。

睡眠は、私たちの体にとても大切な行為で、日中働いている脳などを休めるとともに、体のバランスを整えるための調整を睡眠中に行っているのです。

ですので、睡眠が不足すると女性ホルモンの生成が妨げられてしまい、体内で女性ホルモンが不足してしまう事になります。こうして起こる女性ホルモンバランスの乱れは、様々な生理痛の症状を引き起こす元凶ともいえるものです。

そのため、睡眠不足は生理痛を悪化させると言われているのです。

また睡眠不足になると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、自律神経のバランスも崩れます。自律神経の乱れはイライラや不安感などといった、PMSの症状を悪化させると考えられています。

こんな人は要注意!睡眠不足の危険性

睡眠には、良い睡眠と悪い睡眠があります。良い睡眠の場合、熟睡ができているので寝覚めがすっきりとしています。対して悪い睡眠の場合、眠りが浅く寝て起きたのに疲労感を感じ、すっきりしないといった状態になります。睡眠は量より質。質の良い睡眠は、生理痛の改善にも有効です。さて、あなたの睡眠はいかがでしょうか?

眠る直前までスマホの画面を見ている
PCやスマートフォンの画面からは、ブルーライトが発せられています。この光は脳を刺激し目覚めさせてしまうため、良い睡眠がとれません。
就寝時間が不規則で遅い
午後11時~午前2時が、ホルモンが生成されるゴールデンタイムと言われています。できるだけその時間に睡眠をとることがすすめられています。
食事を食べた後すぐに寝てしまう
睡眠中は内臓を休ませるのが理想です。食べてすぐは消化のため内臓はフル活動しますので、眠りが浅くなります。
徹夜することが多いので休日に寝だめする
完璧な睡眠不足です。よく睡眠が足りない分寝だめをすると言いますが、私たち人間はそもそも寝だめはできません。

一つでも心当たりがあれば、あなたの睡眠も悪い睡眠である可能性があります。良い睡眠がとれるように、見直していく必要があります。

質の良い睡眠で女子力アップ!

生理痛を緩和し・改善するためには、女性ホルモンのバランスを整える事が必須です。そのためにも、質の良い睡眠をとり女性ホルモンの生成を促進させてあげるのも、有効な対策方法。自律神経のバランスも整うので、イライラといった症状の改善にも効果が期待できます。女性ホルモンは女性の魅力もつくるので、女子力もアップするかも?>>ホルモンバランスを整える成分を見る

質の良い睡眠で生理痛改善質の良い睡眠をとることは、生理痛の改善や重だるいような体の不調の改善に、とても良い働きをしてくれます。今の睡眠を見直して、質の良い睡眠に換えていくには、リラックスしてお布団に入れるように工夫してあげると良いでしょう。

好きなアロマの香りを楽しんだり、リラクゼーション音楽を流したり、お布団に入る前にリラックスタイムを設けてあげるのがおすすめです。他にも、肌触りが気持ちのいい寝具やパジャマも、気持ちよく眠れるアイテムになってくれますよ!

また、午前0時を就寝時間の目安として、それよりあまり遅くならないよう就寝するのも、無理のない睡眠改善方法だと思います。 女性ホルモンの安定は、女性の魅力を内側からアップさせてくれるので、女子力アップも期待できるかもしれません。

生理痛改善>>生理痛対策に有効?!サプリメントの実力

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ