ランキングトップ5

どうしてカフェインで生理痛が悪化するの?

コーヒーがお好きな方って多いですよね。時間を問わず仕事中にも、中には1日で何杯もコーヒーを飲まれる方も。でもそんな行動が、意外にも生理痛を悪化させている可能性があるのです!その理由が、コーヒーに多量に含まれているカフェインが、生理痛を悪化させる要因の一つ、冷えを招く作用があるからなのです。

生理痛を悪化させるカフェインの作用

カフェインは生理痛を悪化させる?数ある飲み物の中でも、コーヒーがお好きな方は大勢いらっしゃいますよね。街を歩けば、数多くのコーヒーショップがあるくらい、私たちの生活に根付いた飲み物と言えます。でも実は、意外にもコーヒーに含まれるカフェインは、生理痛の悪化に関係しているのです!

生理痛の緩和のためには、体を温めると良いのはみなさんもご存じだと思います。

では、温かい飲み物が良いだろうということで、コーヒー好きの方はホットコーヒーを選んで飲まれているかもしれません。ですがこのコーヒーには、生理痛の悪化に関係する成分が多量に含まれているのです!

それがカフェインです。

カフェインには、神経を刺激して覚醒する作用と血管を収縮させる作用があります。神経を刺激する作用はイライラなどの症状の悪化を、血管収縮作用は、体を冷やし生理痛全体の悪化を招く可能性があると言われているのです。

また、ミネラルの吸収を妨げる作用もあるので、貧血を悪化させる危険性も。 そのため、カフェインを多く含むコーヒーは、生理痛がひどい人ほど避けたい飲み物の一つに挙げられています。

こんな人は要注意!カフェインの危険性

コーヒーに含まれるカフェインの作用は、神経を刺激し血管を収縮させるため、生理痛を悪化させると言われています。 冷え対策にとホットコーヒーを飲まれている方もいらっしゃるかもしれませんが、カフェインの作用を考えるとその効果はちょっと疑問です。

あなたも実はカフェインの過剰摂取で、体を冷やしていませんか?

1日に何杯もコーヒーを飲む
コーヒーを多く飲むということは、それだけカフェインを摂取してしまっているという事です。
必ずコーヒーを飲まないと気が済まない
カフェイン中毒、というように、カフェインには常習性があるようです。
ホットコーヒーよりアイスコーヒー派
カフェインは血管を収縮させ体を冷やしてしまう作用があります。アイスコーヒーは、より冷えを促進させると考えられます。
寝る前にコーヒーを飲む
カフェインには、神経を刺激し覚せいを促す作用があるので、寝る前の摂取は大切な睡眠の妨げになります。

一つでも心当たりのある方は、カフェインで生理痛を悪化させている可能性があります。生理痛の緩和を考えるならば、なるべくカフェインの摂取は避けていきましょう。

カフェインを控えて体を温める

カフェインが、生理痛の悪化を招く作用を持っていることはわかりました。ですが、コーヒー好きの方にきっぱりコーヒーを飲むのをやめてください!というのは、酷な事ですよね。そんな時、ちょっとの工夫でカフェインの摂取をおさえることもできます。ストレスになるような我慢を避けつつ、生理痛対策をしていきましょう。

生理痛緩和にはカフェインレスのコーヒー生理痛を改善・緩和するために、日常生活の中でカフェインの摂取を控えていくことがおすすめです。

カフェインを多く含むといえば、やっぱりコーヒーですよね。でも好きな方に急にきっぱり飲むのをやめてというのは、酷ですし難しいですよね。そんな場合に活用したいのが、カフェインレスのコーヒーです。

いつものコーヒーと半分ずつ混ぜ、徐々にでもカフェインの量を減らしていくようにしましょう。コーヒーの他に、紅茶や緑茶にもカフェインが含まれていますが、こちらはお茶に含まれるカテキンの作用で、カフェインの作用が半減されると言われています。

全くカフェインのない飲み物といえば、ハーブティーそば茶が挙げられます。ですがそばにはアレルギーのある人もいますので、その点は十分注意しましょう。

生理痛改善>>生理痛対策に有効?!サプリメントの実力

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ