ランキングトップ5

お酒の過剰摂取が生理痛の悪化を招く

お酒が大好き!という女性は少なくありません。会社でのお付き合いや女子会などなど、様々なシーンでみなさんお酒を楽しまれていることと思います。けれど、アルコールの過剰摂取は生理痛を悪化させる要因でもあります。節度を持ってお酒を楽しむことは、生理痛の緩和・改善のためにもぜひ実行したい習慣です。

お酒の飲み過ぎは生理痛にも悪い?

お酒は生理痛悪化の原因になる?私たちの周りには、世界中のお酒が溢れています。お酒を飲まれる方は、その日のお料理やTPOに合わせたり、色々なシーンで楽しまれていることと思います。けれど、お酒のアルコールには、生理痛の症状を悪化させる面があることをご存知ですか?楽しいからとお酒を飲み過ぎてしまうと、後で辛い症状が待っているかもしれないのです。

お酒は「百薬の長」ともいわれる通り、程よく気分をリラックスさせてくれる作用もありますが、反面あまり多量に飲み過ぎると、とたんに体に対してあまりよろしくないものに変わってしまうのです!

アルコールには、血管を拡張し血流を良くするという作用があります。これだけ見ると、むしろ生理痛の改善に良いものではないかと思いますが、飲み過ぎる事でその作用が強まり痛みを感じやすくなってしまうのです。

また、酔いがさめるとイライラや不安感が残ることがあるため、PMSの症状でもある気分の落ち込みを増長させてしまう危険性もあります。

こんな人は要注意!お酒の危険性

お酒が進むと気分が良くなり、ついつい飲み過ぎてしまいますよね。でも、アルコールの過剰摂取は、生理痛の症状を悪化させてしまう要因です。腹痛や腰痛といった痛みの症状や、イライラや不安感といった症状が出ている時に飲むと、症状をひどくしかねません。辛い生理痛を悪化させないために、お酒の飲み方を見直してみてください!

お酒の誘いは断れず最後まで付き合う
会社勤めをしていると、お誘いであったりお酒をすすめられると、なかなか断りづらいですよね。ですが、生理の時にお酒の過剰摂取はおすすめできません。
楽しいからつい長時間飲んでしまう
楽しいことは良い事ですが、深夜までの飲酒はアルコールの摂取量に加え、睡眠にも問題が出てきます。
カロリーを気にして焼酎派です!
実はお酒の中でも、焼酎は体を冷やす作用が働くと言われています。生理の時はあまりおすすめできません。
ビールで毎日晩酌しています
ビール1杯程度の量でしたら、血行が良くなりリラックスするには良いと思います。ですが、過剰に飲み過ぎると、逆効果です。

お酒には良い面と悪い面と、両方があります。けれど、生理痛の症状が出ている時は、摂取を控えるよう心掛けるのがベストのようです。

ほどほどで、楽しいお酒にしましょう

生理痛の改善には、日常生活の中のお酒の量を調節していくことも、有効な方法です。ほどほどのお酒にはリラクゼーション効果が望めます。ですから、0か100かではなく適量というのを見極めていくのも、飲酒を良い生活習慣としていく大事な作業です。上手に付き合うようにすることは、生理痛の緩和にもつながります。

生理痛緩和のためにもお酒はほどほどに過度のアルコール摂取は、生理痛の症状を悪化させることはもちろん、肝機能の低下など他の臓器への負担といった悪影響もあります。

でもお酒って美味しいですし、楽しいですよね。病気で本当に禁酒しなければならないというのではないのなら、悪影響の出ない摂取量を知って、節度を持ってお酒を楽しむ方法をとるのもストレスの少ない一つの選択肢です。

また、プラセンタをお酒を飲む前に摂取すると、生理痛への悪影響を抑えるだけでなく、二日酔いも防ぐ効果があるそうです。それはプラセンタに含まれる成分が、肝臓の働きをサポートする効果を持っているからです。プラセンタのサプリなどで上手に対策をしながら、お酒を美味しく楽しみましょう。 >>おすすめプラセンタサプリを見る

生理痛改善>>生理痛対策に有効?!サプリメントの実力

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ