ランキングトップ5

生活習慣に潜む生理痛悪化の要因とは

生理痛が起こる要因や悪化の原因には、ホルモンバランスの崩れや冷え、栄養不足などいくつかのことが挙げられています。これらの要因は1つだけではなく複数で現れやすいのですが、そもそもどうして起こってしまうのでしょうか?その大元を探ってみると、どうやら私たち自身の生活習慣にその原因が潜んでいるようなのです。

生活習慣に影響される生理痛

生活習慣と生理痛との関係性生活習慣とは、睡眠や食事など日常で繰り返される習慣のことを指します。女性の社会進出や、ストレス社会とも呼ばれる現代、体に悪影響を与える可能性のある習慣で日常を過ごす、いわゆる生活習慣の悪化が広まっています。特にその影響で起こる生活習慣病が社会問題にもなっていますが、生理痛にも生活習慣の悪化は関係しています。

生活習慣病が社会問題になるほど、生活習慣の悪化が体に悪い影響を与えているというのは、みなさんもよくご存知ですよね。でも、体に悪いと知っていても、その中に生理痛も含まれていることを知っている人は、あまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

寝不足や偏食、運動不足、喫煙など、生活習慣が悪化すると私たちの体はバランスを崩し、必要な栄養素の不足・血行不良・代謝不良・内臓機能の低下などを引き起こすとされています。

実はこの要素には、生理痛を引き起こすとされる要因が複数含まれています。そのため、生活習慣の悪化=生理痛の悪化ともいわれるのです。このように、生活習慣と生理痛は、とても密接な関係にあります。

こんな生活習慣の人は、生理痛を悪化させている!

生活習慣は、日常で繰り返される習慣ですから、人によってその内容は異なります。生活習慣と生理痛には密接な関係があることはわかりましたが、ではどんな悪い生活習慣をしていると、生理痛を悪化させやすいのでしょうか?

そこで、日頃から生理痛で悩んでいる人の生活習慣を参考に、生理痛を悪化させている原因を見つけていきましょう。

生理痛の症状がひどい人を対象に、普段の生活について聞いてみました。そこには、いくつか共通している生活習慣があったのです!

食生活と生理痛
  • 甘い物が好きでお菓子を欠かさない
  • 1日に何杯もコーヒーを飲む
  • ダイエットのためにあまり食べないようにしている
  • 食べ物の好き嫌いが多い
  • 仕事が不規則
  • 寝てもあまりすっきりしない

以上が、生理痛のひどい人の多くが共通した生活習慣でした。

つまり、これらの習慣が生理痛に、何らかの影響を与えていると考えられるのです。こうしてみると、甘いお菓子やダイエットなど、女性が習慣化させやすいものから、仕事が不規則など、女性の社会進出の影響がうかがえるものもあります。では、こういった習慣がどうして生理痛に影響するのでしょうか。

生活習慣に潜む生理痛の要因一覧

血行不良ホルモンバランスの乱れなど、生理痛を起こす要因はいくつか指摘されています。そして、その要因である症状がひどくなればなるほど、生理痛もひどくなっていってしまうのです。そして生活習慣の中には、生理痛の要因を悪化させるものが潜んでいるのです。それでは、生活習慣の中の生理痛悪化の要因をご紹介します。

生理痛の要因

ストレス 過剰なストレスが加わると、自律神経を崩して生理前症候群(PMS)の症状を悪化させると言われています。

ストレスについて詳しく見る

カフェイン カフェインには体を冷やす作用があり、そのため冷えによる生理痛の悪化が考えられます。

カフェインについて詳しく見る

お酒 アルコールには、生理痛の症状・イライラや気分の落ち込みを増長させる作用があると言われています。

お酒について詳しく見る

タバコ 喫煙には、血行不良や自律神経のバランスを崩す作用があると言われています。

タバコについて詳しく見る

ダイエット ダイエットで極端な食事制限をすると、体を栄養不足にさせ女性ホルモンの生成を妨げる事につながります。

ダイエットについて詳しく見る

運動不足 運動不足になって筋力が低下すると、血行不良や冷えの原因となってしまいます。

運動不足について詳しく見る

睡眠不足 質の良い睡眠が十分にとれていないと、自律神経やホルモンのバランスが崩れやすくなります。

睡眠不足について詳しく見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ