ランキングトップ5

寝方の見直しでできる生理痛緩和

私たちの生活の中で、睡眠は体のバランスを整えるための大切なものです。もちろん、生理痛の緩和や改善にも、睡眠は大事な役割を担っています。より良い睡眠効果を得るためには、量より質!そして、生理痛緩和にもつながる質の良い睡眠を得るためには、「寝方」を見直すことがおすすめなのです。

生理痛緩和のために良い寝方と悪い寝方

女性ホルモンの生成は睡眠中に行われるので、生理痛の改善にはきちんとした睡眠をとることがすすめられています。このように、生理痛と睡眠には密接な関係があるのですが、ただ多く睡眠をとればよいというわけではなく、質の良い睡眠こそ求められています。そしてその質をアップさせるには、寝方の見直しも重要になってくるのです。

睡眠の質を良くする寝方

質の良い睡眠で生理痛改善睡眠の質を上げるためには、ベストな時間帯というのがあります。その目安とされるのが夜の12時。実は美肌づくりでも注目されているのが、午後11時から午前2時までのゴールデンタイムです。この時間帯に睡眠をとると、成長ホルモンを活発につくりだすことができると言われています。

そのため、この時間帯に眠ることがアンチエイジングにもつながるとされているのです。これは、女性ホルモンの生成にも関連しています。

ゴールデンタイムに合わせて睡眠をとるようにすれば、女性ホルモンも整いやすく、体もリセットされやすい質の良い睡眠になると考えられています。

また、体温が低下すると眠気がやってくるので、お風呂に入って時間をおいてからお布団に入るのも熟睡するテクニック。他にも、アロマを焚く、枕を調整する、肌触りの良いねまきを着る、というのも質の良い睡眠のためのポイントになります。

睡眠の質を悪くする寝方

質の悪い睡眠で生理痛悪化夜遅くまで飲食したまま眠ってしまったり、ネットで夜更かしも、避けた方が良い寝方になります。

満腹状態で眠るのは気持ちいいですが、血流が全て消化のために胃へ集中し、本来休むべき内臓機能が活動し続けるので、睡眠による疲労回復は難しくなります。

また、PCやスマホの画面から発せられるブルーライトは、脳を覚醒させてしまうので熟睡することができません。脳が起きた状態なので、ホルモンの生成もおこなわれませんし自律神経のバランスも崩れてしまいます。

体験談から学ぶ!質の良い睡眠を得るには?

質の良い睡眠が、生理痛の改善に良い作用があることはわかりました。でも、仕事などで忙しくしていると、なかなか思った時間に眠れなかったりして、寝方の見直しをしたくても難しいのでは?そんなふうに思う女性はきっと多いはず。そこで、実際に寝方を見直して、良い睡眠がとれるよう工夫した人の体験談を、ご紹介します。

・目覚めがすっきり!生理中の眠気も小さく!

生理痛対策コメント生理前から強烈な眠気に襲われるようになり、始まればお腹の痛みも加わって、本当に生理中は憂鬱な気分で過ごしていました。ある日女性誌を見ていたら、生理痛の特集があってそこに睡眠のことが書いてありました。私も思い当たることばかりで…。そこで、眠る直前までやっていたスマホゲームをやめ、オルゴールCDを聴きながら眠るようにしました。それだけ変えただけですけど、すっきり起きられるようになり生理の眠気も小さくなってきましたよ!

・「ねばならない」より「リラックス」を

生理痛対策コメント色々睡眠について情報が発信されていますが、それを全て忠実にしなければならない、というわけではないようですよ。私も仕事が不規則なので、時間を守っての睡眠はなかなかできません。ですので、情報にとらわれず、それよりもリラックスした状態でお布団に入れる工夫をしました。音楽を聴く、スキンケアをする、肌触りの良いパジャマにするなど…。結果、生理痛や肌荒れが改善できているので、質は上がっているようです。

良い睡眠は、生理痛の改善だけでなく、心身の健康に大変有効です。自分なりの工夫で、量より質を目指していってください。

その他の日常生活でできる緩和法を見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ