ランキングトップ5

生理痛を和らげるには日常生活を見直すことが大切

ほとんどの女性が、何らかの生理痛の症状にお悩みを持っていると思います。そして、その症状を緩和・改善するために、様々な対策や治療に当たっていることでしょう。そんな女性のお悩みである生理痛を和らげるには、日常生活の中にほんの少しの工夫を加える事が、改善への手助けになることがあるのを、ご存知でしょうか?

薬に頼り過ぎるより、自然治癒力を高めよう

生理痛を和らげるには?毎月、ひどい生理痛やイライラなどの症状に悩まされている女性はたくさんいます。なんとかその辛い症状を緩和・改善するために、みなさん色々な対策方法を試されていることと思います。中でも、生理痛の緩和に即効性がある市販薬(痛み止め)は利用者が多く、産婦人科で処方される低用量ピルで、症状の改善をする人も増えています。

市販薬やピルといった薬は、症状に対する有効成分だけを集めて作られているため、確かに緩和効果は高いのですが、その分副作用というおまけがついてきます。でも、手軽であったり効き目の即効性があることから、数ある生理痛対策の中でも定番と言える対策法になっています。

確かに、生理痛の症状を無理に我慢をすると、かえって症状の悪化に繋がりかねないので、素早く痛みを和らげることのできる薬は有効です。しかしその反面、頼り過ぎてしまったため体が薬になれてしまい、自然治癒力が衰え根本的な改善が難しくなってしまうことも考えられるのです。

薬はあくまでも緊急避難的なものと位置付けて、体が本来持つ自然治癒力を高めていった方が、結果的には生理痛を根本から改善するベストな選択だと言えます。

自宅でできる緩和方法・生理痛に悩む女性の体験談

自然治癒力を高めて生理痛になりにくい体をつくっていくためには、日常生活のちょっとした工夫も大切な要素になってきます。では、生理痛を和らげるには、普段の生活にどんな工夫を加えていったらいいのか。その参考にしていただけるよう、3人の方がそれぞれ自宅で実践している生理痛緩和法を紹介します!

1.栄養バランスと間食に気を付けてます

生理痛対策体験談以前、単品ダイエットに挑戦したことがあるのですが、その後しばらく生理痛がひどくなって…。そんなことがあってから、生理痛をひどくさせないためにも、バランスの良い食事を心がけて、生理前は間食に白砂糖を含んだものやスナック菓子は食べないようにしています。

2.就寝時間をなるべく守って寝るようにしています

生理痛対策体験談睡眠不足になるとPMSになりやすいと聞いて、なるべく就寝時間が夜の12時を回らないようにしています。肌触りの良いお気に入りのパジャマも、大事な睡眠アイテム。睡眠効果か、最近生理痛が和らいでいるように感じてます。

3.お風呂を楽しむ工夫をしてます

生理痛対策体験談冷え性なくせに、お風呂にゆっくり入ることが苦手だった私。でも、生理痛を和らげるには体を温める事が一番だと言われ、お風呂で十分温まれるように工夫することにしました。お湯の温度を少しぬるめにしたり、アロマオイルやアロマキャンドルでオシャレにしたり、雑誌を持ちこんだり…。今ではすっかり長風呂になり、冷えも徐々に解消されてだいぶ生理痛も楽になりました。

日常生活での生理痛緩和法一覧

生理痛が起こる大きな要因は、女性ホルモンのバランスが崩れる事にあるとされています。このホルモンバランスを整えるためには、まず生活習慣を見直すことが必須なのです!このように、私たちの日常生活の中には、生理痛を和らげるためのヒントがたくさん隠されています。では、生活の中でできる緩和法をご紹介します。

食事で緩和する 生理痛を緩和するためには、栄養バランスのとれた食事をきちんと摂ることが大切です。偏食などで体に必要な栄養素が不足すると、生理痛が悪化してしまいます。

食事で緩和する方法について詳しく見る

飲み物で緩和する ハーブティーなど、刺激の少ない温かい飲み物を飲むことで、冷えを改善し生理痛も和らげます。逆にカフェイン入りなど体を冷やす飲み物は、極力避けて!

飲み物で緩和する方法について詳しく見る

運動で緩和する ストレッチなど適度な運動をすることで、代謝が上がり血流も良くなります。血行促進は、生理痛を和らげるのにも大きな働きをしてくれます。

運動で緩和する方法について詳しく見る

入浴で緩和する 入浴は最高のリラックスタイム!ゆっくりと全身を温める事で、代謝と血流をアップし生理痛緩和にもつながります。

入浴で緩和する方法について詳しく見る

寝方を変えて緩和する 睡眠は生理痛を改善するうえでとても大切です。睡眠の質をより良いものにするため、寝具などに工夫してみましょう。

寝方を変えて緩和する方法について詳しく見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ