生理痛改善にマグロレシピを紹介しています 

■マグロの納豆あえ丨生理中に食べたい!マグロを使った料理



マグロ

生理の時は、体調が優れないという人はたくさんいます。そこで、ビタミンB6がたくさん含まれているマグロを食べることで症状を緩和することができるとされています。

マグロの納豆あえは、マグロや納豆だけでなく長芋や海苔も一緒に食べることができるので身体に良いです。また、具材を混ぜたりすりおろしたりするだけなので、材料さえ揃えれば一人暮らしの人も簡単に作ることができます。

時間がない時もササッと作ることができるので料理が苦手という人も気持ちを楽にして作ることができます。

また、生理の時だけでなく日頃から食べるように習慣付けていれば生理の時に体調が優れないということも少しは軽減される可能性があります。粘り気のあるサッパリとした味わいで食欲も増すはずです。

マグロの納豆あえは、身体に良い材料ばかりで作られています。作り方も面倒な工程がないのであっという間に作ることができます。材料は、マグロ200gとタレの付いている納豆1パックと長芋約5㎝、そして 海苔を少しと 練辛子を小さじ1と醤油を大さじ1です。

ちなみにこれは2人分の材料なので人数に応じて調整するといいです。まずは、練辛子と醤油を混ぜてマグロに下味を付けます。そして、納豆をしっかりとかき混ぜて付いているタレと混ぜておきます。

また、長芋もすりおろします。そして、お皿に下味を付けたマグロを盛って混ぜた納豆とすりおろした長芋をのせて、海苔をのせると完成です。生理で体調が悪い時も、それぞれの食材の味を楽しみながら食事をすることができるのでおいしくご飯を食べることができます。

練辛子でピリッと辛い味わいを楽しみながら、納豆の美味しさや長芋のトロトロとした食感を楽しむことで自然と生理の時に感じる身体の不調も良くなります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ