豆腐を食べて体質改善して生理痛緩和するには

■豆腐ハンバーグ丨生理中に食べたい!豆腐を使った料理



ハンバーグに豆腐を混ぜて捏ねると、お肉だけのハンバーグよりやわらかい仕上がりになります。使う前に豆腐を十分水切りをするという手間はかかりますが、使う前日、または当日の朝にでも、冷蔵庫で水切りすれば十分です。

味は普通のハンバーグと同じです。豆腐独特の臭いや味はまったく感じません。むしろ、やわらかく仕上がるので、お肉100%のハンバーグより美味しく感じます。野菜をたっぷりと使用した上に、大豆の栄養も摂れるハンバーグは、生理前にはオススメの一品だと思います。

大豆はイソフラボンの宝庫なので、常日頃から、たくさん摂りたい食品の一つです。そのまま食べるのが苦手な方も、無理なく召し上がることが出来るレシピです。
豆腐ハンバーグの作り方は難しいことはありません。あいびき肉に炒めたたくさんのお野菜と一緒に、水切りした木綿豆腐を混ぜ込むだけです。
もちろん、つなぎの卵やお好みでナツメグなどを忘れずに入れてください。お豆腐の水切りは、使う日の前日の夜、または、当日の朝でもかまいません。

キッチンペーパーに包んで、お皿などの重しを乗せてから冷蔵庫に置いてください。出来れば、半日以上置くのが理想的です。十分に水分が抜けたら、用意したあいびき肉に入れ、良く混ぜ合わせます。この時、粘りが出るまで混ぜることが大切です。タネにはお豆腐が見え隠れしている状態になりますが、完全に見えなくなるまで混ぜる必要はありません。

空気を抜いて形を整えたら、後は、フライパンで焼くだけです。肉汁たっぷりのやわらかハンバーグの出来上がりです。お好きな味付けで召し上がってください。

女性にとって、大豆に含まれるイソフラボンは、常日頃からたくさん摂っておきたいもの一つです。生理中はもちろん、生理前にも、美味しく手軽に摂れるレシピ。是非一度お試しください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ