生理症状を改善するほうれん草料理について

■ほうれん草のしらす和え丨生理中に食べたい!ほうれん草を使った料理



ほうれん草のしらす和えの味付けは、生姜の風味のしっかり効いた味付けになります。和え物ですので、手間がかからず簡単に料理することができます。生理中は100ml~150mlの血液成分が失われてしまいます。貧血になりやすい為、鉄分をたくさん取る事を心がけましょう。

また生理中はイライラしますので、カルシウムを取る事も大切です。ほうれん草にはβ-カロテンやビタミン類、鉄分が豊富に含まれています。

しらすには、カルシウムが豊富にに含まれています。ほうれん草としらすを一緒に取ることにより、老化防止の効果もあります。栄養が不足しがちな生理中には必要な栄養素がたくさん入ったレシピになりますので、是非一度作ってみてください。

ほうれん草のしらす和えのレシピの作り方です。材料は3人分になります。まず最初にほうれん草を茹でます。分量はひと束です。茹でる時には、茹ですぎないように注意しましょう。

お湯につけてほうれん草が、あざやかな緑色になったら丁度良い茹で具合です。また手軽な方法であれば、レンジで調理することができます。

レンジで調理する場合の方が、栄養素が逃げにくいのでオススメです。次にしらすをレンジで500wか600wで30秒間加熱します。

茹でたほうれん草を4cmくらいに切り、しらすとしょうゆ大さじ2、水大さじ2と白だしを少々、おろし生姜を混ぜて和えます。器に盛りつけたら完成です。

おろし生姜はチューブのものでも大丈夫です。生理中に必要な栄養素を、簡単に取ることのできるレシピです。

しかも身体がだるくなりがちな生理中でも、時間がかかることなく作る事ができます。鉄分が不足しがちな子供や、授乳中の人にもオススメできるレシピです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ