美味しい豆乳料理を食べて生理の辛さを緩和

■豆乳コーンスープ丨生理中に食べたい!豆乳を使った料理



お腹の痛みや出血による貧血などで辛い生理期間中を、少しでも楽しく乗り切るには美味しい食事を取るのが一番です。特に積極的に摂取したいのは、女性ホルモンのエストロゲンに良く似た大豆イソフラボンを豊富に含む豆乳です。

豆乳をそのまま飲むと味が気になる、という人は豆乳コーンスープを作ってみてはいかがでしょうか。温めたスープをゆっくりと味わうと、身体の芯から温まることが出来るので冷え性改善にも効果的で、生理痛の緩和も期待できるでしょう。

コーンスープなんて難しいのでは?と思う人もいるでしょうが、市販のクリーム缶とどこの家庭でもあるような調味料さえ揃っていればあっという間に作ることが出来るため、料理初心者の人でもお手軽に作れてオススメです。

生理中に食べたい豆乳コーンスープの作り方はとっても簡単です。必要なのは市販されているコーンクリーム缶一つと、調整豆乳、顆粒のコンソメ、塩コショウ少々です。
まずは鍋にコーンクリーム缶を全て入れます。その後クリーム缶の中に豆乳を入れて量り、先ほどの鍋に入れます。泡だて器や菜箸などでよくかき混ぜながら火にかけて、ふつふつと沸騰するまで温めます。

沸騰しそうになったらコンソメと塩コショウを加えて味を整えましょう。このまま食べてもとても美味しいですし、コーンのツブツブ感が気になるような時はミキサーやブレンダーなどで攪拌すると、滑らかな舌触りになって美味しくなります。

生理痛がひどくて料理をする気持ちにはなれないときでも、お手軽料理ならば調理時間も短くて済み、食べ終わった後の洗い物もほんの少しで済むため体力的にも楽チンです。

温かいコーンスープを飲めば元気も出てきて、辛い生理期間中を乗り切ることが出来るでしょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ