赤ピーマンの料理を食べて生理の改善をおいしく健康に

■赤ピーマンのバゲット丨生理中に食べたい!赤ピーマンを使った料理



赤ピーマン

生理中は気分が沈みますよね。生理痛が激しい人も、そうでない人も何となくやる気がしないというケースが多いでしょう。そんな時こそ食事が大切です。栄養バランスのとれた食事をすることで、生理痛も改善できますし、全身のだるさやむくみなども解消することができるんです。

そんな女性にオススメなのが、赤ピーマンのバゲットです。最近ではホームベーカリーをお持ちの家庭も増えましたし、持っていなくとも手ごねでも比較的簡単に手作りできちゃうんです。

赤ピーマンの入ったバゲットなんて、そうそう市販されていませんし、自分で作れば味は格別です。甘くて美味しい赤ピーマンには実は緑のピーマンよりもビタミンCが多く含まれているんです。そんなおしゃれで美味しいバゲットで、栄養だけでなく気分も上がること間違いなしです。

生理中に食べたい赤ピーマンのバゲットのレシピをご紹介します。まず用意するものは、準強力粉200g、なければ強力粉でもオーケーです。
塩3g、モルトパウダー1g、なければいれなくてオーケーです。赤ピーマンみじん切り35g、ドライイースト2g、水136gです。下準備として赤ピーマンはみじん切りにしペーパーに挟んで水気を切っておきます。材料をホームベーカリーに入れフランスパンコースの一次発酵ありまでセット。

コースが終了後、生地を取り出し2分割し優しくまとめ直して、固く絞った濡れ布巾をかけて20分間ベンチタイムです。その後成形をして乾燥に注意しながら室温で2次発酵です。

ここで過発酵になると、クープが開かない原因となるので注意です。オーブンを270度で余熱を開始します。その後クープを入れ、少量のオイルを垂らして予め270度に余熱しておいたオーブンを250度に下げ20~23分焼いて完成です。

ポイントは生地の扱いです。デリケートな生地なので優しく扱うことです。こんなおしゃれなバゲットが生理中の栄養補助になるとは、嬉しいですね。
サブコンテンツ

このページの先頭へ