かぼちゃレシピで生理痛を和らげる方法について

■かぼちゃとれんこんのきんぴら丨生理中に食べたい!かぼちゃを使った料理



生理中にオススメしたいのは、かぼちゃとレンコンのきんぴらです。かぼちゃといえばほくほくした食感が特徴ですが、こちらのきんぴらは少し硬めに仕上げるのが特徴です。レンコンはシャキシャキした食感がおいしい野菜ですから、一方の食材がやわらかくなりすぎると歯ざわりがちぐはぐになります。

硬さを合わせた方がおいしいでしょう。火が通りやすいようにどちらも薄く切りますが、かぼちゃを薄く切るのは少し手間かもしれません。少しレンジにかけてから切るなど、怪我をしないように工夫してください。

一般的なごぼうのきんぴらは砂糖などで甘みをしっかりつけますが、こちらは、甘味料も使用しますが、どちらかというと野菜本来のソフトな甘みを味わうきんぴらです。

生理中に食べたい、かぼちゃとレンコンのきんぴらのレシピです。かぼちゃは16分の1個、レンコンは小2個、それぞれ3~5mmの厚さに薄切りにします。

少し細長く形をそろえると火の通りがよくなります。急ぎたい場合はレンジで下処理してもよいですが、長くレンジにかけすぎてやわらかくならないように注意してください。

フライパンにごま油を熱してレンコンを炒め、ある程度熱が通ったらかぼちゃを入れてさらに炒めます。下処理をしていない場合は、このときにフライパンにふたをして蒸し焼きにします。

炒めている間に調味料を作ります。酒、醤油を各大さじ1、みりんとアガベシロップを各小さじ1を混ぜ合わせておきます。アガベシロップはテキーラの原料でもあるリュウゼツランから取った甘味料です。

少しくせがある味なので、苦手な方は無理に入れる必要はありません。野菜に熱が通ったら調味料を加え、炒りつけます。油でかぼちゃのビタミンEが吸収しやすくなります。ビタミンEは血流をうながして体を温め、筋肉をほぐしますから、生理中の不調にはぴったりの一品料理ですよ。
サブコンテンツ

このページの先頭へ