イチゴを食べて生理の辛さを少しでも緩和するなら

■イチゴパフェ丨生理中に食べたい!イチゴを使った料理



イチゴ 生理中に食べたいイチゴを使ったメニューは、パフェがオススメです。イチゴパフェは甘酸っぱい甘さがあり美味しいです。生クリームとの相性も抜群によいので女性が大好きなスイーツになります。

作る手間もそんなにかからないので自宅で簡単に作ることができます。イチゴには食物繊維や葉酸・ビタミンなどを豊富に含んでいて、キレイな赤色はポリフェノールの一種になります。

品種がたくさんあるフルーツで、旬は晩春から初夏にかけてが美味しい季節になります。パフェに使うには、味が甘い種類を選ぶようにすると良いです。

選び方のポイントは、鮮やかで光沢があり色にムラがないものが甘いです。ヘタの部分が長く伸びていて白くなっていないものを選ぶようにすると良いです。

生理中に食べたいイチゴパフェのレシピの紹介をします。プリンカップ10個分の材料はイチゴ1.5パック、市販のストロベリーゼリーミックス1箱、プレーンヨーグルト100g、生クリーム100cc、飾り用のイチゴ15粒程、ミントの葉になります。

ゼリーミックスを200ccの熱湯で溶かして粗熱をとっておきます。イチゴをミキサーにかけてピューレ状にします。(このときにソース用に大さじ10杯分ほど別の容器にとっておきます)生クリームは7分立てにします。

ゼリー液のボウルにピューレと生クリーム、プレーンヨーグルトの順番で手早く混ぜ合わせます。次にプリンカップに分けて冷え固めて、上に生クリームや残しておいたピューレ、ミントの葉などをトッピングします。

バームクーヘンやウエハース、チョコレート、ビスケット、クッキーなどトッピングしても見た目がかわいくなります。生理中の食欲がないときでも美味しく食べることができるパフェになります。
サブコンテンツ

このページの先頭へ