ひどい生理痛改善にひじきレシピを紹介しています 

■豆とひじきの煮物丨生理中に食べたい!ひじきを使った料理

ひじき

生理中には鉄分が豊富に含んでいるひじきを食べると良いです。マグネシウムやカルシウム・食物繊維も含まれていて、身体に良い成分がたくさん入っている海藻の一種になります。天然物と養殖物が市場に出ていて主な産地は房総半島、伊勢志摩、紀伊半島、四国、中国地区になります。

輸入ものも多く韓国産や中国産があります。価格は輸入のものの方が安いです。料理は豆とひじきの煮物にすると甘辛の味でご飯がすすむ味付けになり美味しいです。

大豆も使うので美容効果などもあります。乾燥ひじきは、少し手間がかかり50度以下のお湯に浸してから調理します。煮物だけではなく油との相性が良いので揚げ物や炒め物などさまざまな料理に使うことができます。

生理中に食べると良いオススメレシピは、豆とひじきの煮物になります。作り方は2人分場合の材料は、ひじき15g、ニンジン1/2、大豆の水煮10g、ひよこ豆10g、冷凍えだまめ10g、レンズ豆10g、しょうが5g、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、昆布茶10gになります。

ニンジンはさいの目切りにして、しょうがはみじん切りにしていきます。フライパンを熱して油をひき、しょうがとニンジンを炒めます。
ボウルにしょうゆ、みりん、昆布茶を合わせておきます。ひじき、ひよこ豆、レンズ豆、冷凍えだまめをフライパンで炒めます。
合わせておいた調味料を加えて出来上がりになります。油揚げやちくわ、鶏肉などを入れてアレンジしても美味しくいただくことができます。

混ぜご飯にしたり、お弁当のおかずにもなるので便利なおかずになります。冷凍保存もできるので多目に作って、1品足りないときに使うこともできます。生理の時は鉄分が少なくなるのでひじきを摂取すると良いです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ