生理症状の改善にオススメのショウガレシピとは

■豚肉の生姜焼き丨生理中に食べたい!ショウガを使った料理



しょうゆとみりんであれば昔なつかしの生姜焼きですが、このレシピはオイスターソースをしょうゆの代わりに入れることで、ちょっぴりエスニック、そしてこっくりとした深い味わいとなります。

そのうえ、お肉をタレに漬け置きしなくてもよいので簡単、しかもお肉も柔らかいままです。お肉に薄力粉を付けることで、タレがよく絡みます。

生理の時は身体を温めて血のめぐりをよくすることが一番大切ですが、この生姜焼きなら、豚肉に含まれるビタミンB群がたくさん摂取でき、たっぷりの生姜を一緒に食べることで、身体をホカホカにします。

身体を動かすのがおっくうになりがちな生理の最中には、簡単で身体をいたわることができるものを食べて、穏やかに過ごすことが重要です。

生理の時の生姜料理としては優秀な生姜焼きのレシピをご紹介します。まず、豚肉を用意します。2人分なら200グラム程度あれば十分でしょう。

この豚肉は、生姜焼き用として売られている若干厚めのお肉ではなくて、薄切りのお肉を使ったほうがより味がしみて時間も短時間で済みます。まず最初に、生姜焼きのタレを作ります。

生姜はたっぷりお好みで入れるとよいでしょう。2人分で一片が目安です。そこに大さじ1杯の水と砂糖、酒、みりんをいれ、オイスターソースを大さじ1/2杯入れます。よくかき混ぜておきましょう。

つぎに、お肉に塩コショウを振って薄力粉をまぶします。この薄力粉はなるべく満遍なく、薄くつけることが肝心です。後はお肉をフライパンで焼き、お肉の色が変わったらタレを絡めて少し煮詰めれば完成です。

お肉はなるべく塊にならないよう、広げて焼くのがコツです。だるくてつらい生理の時でも、あっという間に作ることができます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ