辛い生理痛にはニンニクを使った簡単レシピが効く

■ガーリックラスク丨生理中に食べたい!ニンニクを使った料理



生理中に食べるとオススメな食材はニンニクです。匂いが強いため敬遠されがちな食材ですが、ニンニクには滋養強壮効果があるため、経血がたくさん出ていて体力が低下しているときに食べるのがオススメです。

またビタミンCやビタミンBも豊富に含まれているため、ホルモンバランスが乱れて肌荒れを起こしているときにも良いでしょう。料理を普段しない人でも簡単に作れるのが「ガーリックラスク」です。

自宅にある材料だけであっという間に美味しいラスクが作れるので、時間が無い人でも生理痛で立っているのが辛い人でもお手軽です。とても香ばしい香りが食欲をそそるレシピなので、食事はもちろん、おやつやお酒のつまみなどでも活用してみると良いでしょう。

生理中にオススメなガーリックラスクの作り方はとっても簡単です。フランスパンを食べやすい大きさに切り分けて、断面にマーガリンとニンニクを適量塗っていきます。

このとき、生のニンニクが無くても大丈夫です。市販されているチューブタイプのものがあればそのままパンに塗っていきましょう。洗い物も出ないで手も汚れないためオススメです。

その後グラニュー糖とパセリを好きな分ぱらぱらと振りかけて、トースターで色目がつくまでこんがりと焼き上げましょう。食べ終わった後の片付けも楽チンで、生理中でも簡単に料理することが出来るためストレスを溜める心配はありません。生理中のイライラで無性に何かを食べたくなった時は、スナック菓子などを食べるよりもガーリックラスクを作って食べたほうが身体にも優しくてオススメです。

ニンニクの優れた薬効効果で身体を内側から労わってあげることが出来るでしょう。もしニンニクの匂いが気になる時は、牛乳と一緒に食べれば匂いが軽減されるので試してみてください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ