生理に効果的なクランベリーについて知っていますか

■クランベリーのフレンチトースト丨生理中に食べたい!クランベリー料理



生理の時期が近づいてくると月経前症候群による不調や、生理が始まってしまうとお腹の痛みやイライラに悩まされている方は多いのではないでしょうか。そんな方に、甘さ控えめで身体にも嬉しいフレンチトーストのレシピをご紹介します。

ベリー系のフルーツが身体に良いことはよく知られていますが、クランベリーは血液の循環をサポートしてくれます。

さらにカルシウムも含まれているので、気持ちの浮き沈みに効果があります。手間は少々かかりますが、成分を効率よく摂取できるドライフルーツの他にも、卵や牛乳を使っているので栄養は満点です。

寝る前からフルーツの準備をしておいて、次の日のおやつや昼食にぴったりです。心と身体に効く甘いレシピで、生理中の不快な時期を元気に乗り切りましょう。
まず、前の晩からドライクランベリーミックス30gをラム酒にヒタヒタに漬けこんでおきます。一晩置いたドライフルーツが準備できたらさっそく作り始めましょう。

材料は、Mサイズの卵2個、牛乳100cc、シナモンパウダー大さじ1、オールスパイス小さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2です。
ボウルに卵2個を入れ、泡だて器でかき混ぜます。牛乳100ccと残りの材料を入れ、さらに混ぜます。これでカスタードの完成です。

カスタードにパンの両面を浸しバットに並べ、カスタードの残りをバットに注ぎます。そのまま30分~1時間待ちます。オーブントースター用のプレートにバターをよく塗り、パンを並べます。

この時の注意点ですが、クランベリーは焦げ付きやすいのでパンとパンの間に隠すように並べましょう。焼き時間ですが、枚数や大きさに応じて調節してください。

これで生理中のイライラと不調に効くフレンチトーストの完成です。最後に、お好みでメープルシロップをかけて召し上がれ。憂うつな生理にも、楽しみができそうですね。

>>生理前のイライラに悩まされている方へ
サブコンテンツ

このページの先頭へ