チーズのレシピで生理の辛さを緩和しませんか

■ハムチーズエッグパン丨生理中に食べたい!チーズを使った料理



チーズ 生理中で料理が億劫なときにも、気軽に作ることができる簡単な料理です。加熱する温かい料理なので、身体を冷やす心配もありません。材料は、食パンや卵、ハム(またはベーコン)、とろけるスライスチーズ、バター(またはマーガリン)といった、多くの家庭に普段からあるものを使うため、わざわざ買い出しに行く必要がありません。

調理の際は、ハムやスライスチーズ等の塩分を含む材料を使うため、別途味付けをしなくても作ることができます。生理中で味覚が普段と変わっていても、「いつもの味」で作ることができ、失敗が少ないです。

また、使用する調理道具が少ないので、洗い物の手間も少なく、身体を冷やす台所で長時間立ち仕事をしなくてすみます。

簡単に作ることができるので、生理中で料理が億劫なときの朝食におすすめです。材料は、食パン1枚と卵1個、ハム(またはベーコン)適量、とろけるスライスチーズ適量、バター(またはマーガリン)適量です。

はじめに、ナイフ等を使って、食パンの中身(白い部分)と耳(茶色い部分)を分けます。このとき、耳を型にして調理していくので、ちぎらないようにしてください。食パンの中身は後で使うので、皿によけておきます。次に、耳の型をフライパンで焼きます。

温めたフライパンに耳の型をのせて、型の中にバターを入れて溶かします。バターが溶けたら、具をフライパンにのせて焼いていきます。まず、バターの上に、卵を溶かずに入れます。卵は、箸等を使ってフライパン上でほぐし、耳の中にまんべんなく広がるようにします。卵を耳の中で広げたら、ハム、チーズの順に具をのせます。

卵とハムに火が通り、チーズが溶けてきたら、食パンの中身をフタをするようにのせます。フライ返し等を使ってひっくり返し、食パンの中身面を焼きます。食パンの中身が焼けたら、皿に移して完成です。生理後、体調がよくなってきたら、野菜を入れたりしてアレンジしてみてください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ