生理症状を改善するそばを使った料理について

■そばもやしキムチ乗せ丨生理中に食べたい!そばを使った料理



202f65b7b494afb0c67bc44330fa1b43_m

生理前から女性の身体はビタミンやミネラルが不足しがちだということをご存知ですか?実はこういったビタミンやミネラルの不足から、生理に関する様々な悩みにつながっていくと言われています。

そこで主食をいつものご飯やパンからそばにチェンジしてみてはいかがでしょうか。そばは身体を温める食材としても知られており、女性の身体にとっても優しいのです。

身体が重たく感じる時でも簡単に作ることができるのが、この、そばもやしキムチ乗せです。そばとキムチという普段ではしないような組み合わせがまた絶妙にマッチしています。ごま油も加わって、コクがある仕上がりです。麺のツルツルした触感と、もやしのシャキシャキ感がたまらない組合せに出来上がります。

2人前の材料で必要なものは、そば適量、もやし一袋、ネギ適量、ごま油大さじ1、麺つゆ適量、キムチの素大さじ2・1/2です。まずは具であるもやしキムチから作り始めます。洗って耐熱容器に入れ、ごま油を回し入れたらラップをしてレンジで約2分ほど加熱します。好みの食感がありますから、様子をみながら加熱時間を調整してください。

出来上がったらキムチの素を加えてよく混ぜ合わせます。次にそばを茹であげます。できたら冷水で洗ってよく冷やし、水を切ります。お皿にそばともやしのキムチをのせ、さらに好みでネギをのせ、麺つゆをかければ出来上がりです。

生理中食欲がわかないという方でも食べやすいレシピです。コクがありながらもあっさり食べられるのは、やはりヘルシー食材だからでしょうか。

このメニューを生理前や生理中に意識して食べるようにすれば、不足しがちなビタミンやミネラルも補給できます。手間もかかりませんから、ささっと食事を済ませたい時にもオススメします。
サブコンテンツ

このページの先頭へ