辛い生理痛には若鶏を使った簡単レシピが効く

■鶏モモ肉の甘辛煮丨生理中に食べたい!若鶏を使った料理



生理中はお腹が重たく感じるので、食欲が落ちてしまうという方も多いのではないでしょうか。また、生理中は立って料理をすることがつらいので、時短料理のレシピを探したいですよね。

そんな方にピッタリの鶏モモ肉の甘辛煮をご紹介しましょう。このレシピは若鶏と砂糖、しょうゆだけなので、とっても簡単にできてしまいます。お料理が苦手な方も簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

もし、若鶏だけでは物足りないと思う方は、自分の好きな野菜を加えてアレンジをしてみましょう。れんこんやにんじんなどの根菜類が合いますよ。時間がなくてお手軽にぱぱっと作りたいという方は、レシピ通りに作ると10分程度で簡単に作れますので、お試しください。

では、生理中にぴったりな、若鶏を使った鶏モモ肉の甘辛煮のレシピの材料です。若鶏もも肉1枚、砂糖、しょうゆの3つです。若鶏さえ買えば、あとは家にある調味料だけでできてしまうのでとってもお手軽です。

作り方ですが、まず、鶏もも肉を3cmから4cm角に切ります。すでにカットされているもも肉を使うと、料理時間をさらに時短できますよ。次に、鍋にカットした鶏もも肉を入れて、砂糖大さじ3、しょうゆ大さじ4を加えて、鶏肉に調味料をからめるようにして混ぜあわせていきます。

調味料をかき混ぜてすぐに鍋肌に砂糖の粒が見える程度がちょうどよいです。そして、5分くらいそのままにしたら、鶏肉がかぶるくらいの水を入れて、蓋をして強火でぐつぐつと煮込みます。

沸騰したら、中火にして1分程度、この間に煮汁の味をみて、自分の好きな味に砂糖、しょうゆの量を調整しましょう。冷えても美味しくいただくには、濃いめの味付けがオススメです。

火を止めて粗熱をとったら、お皿に盛り付けてできあがりです。生理中に食欲増進させる鶏モモ肉の甘辛煮をぜひ作ってみてください。
サブコンテンツ

このページの先頭へ