ブロッコリーを食べておいしく生理痛の改善と健康に

■ブロッコリーのナムル丨生理中に食べたい!ブロッコリーを使った料理



ブロッコリー

生理中はなんだかそれだけで憂鬱になりますよね。だからといって食事をおろそかにしてはいけません。普段よりも多くの血液が必要となるこの期間こそ、食事の内容には気を付けたいものです。

そうはいっても、わざわざ手間暇をかけて料理を作るのは気が引けるかもしれません。そんな方にぜひ一度作っていただきたいのが、ブロッコリーのナムルです。ブロッコリーというと茹でてサラダという洋風なイメージですが、ちょっとひと工夫するだけで、いつもと違った味が楽しめます。

できれば国産の旬のものをいただきたいですが、輸入ものでも全く問題ありません。むしろ輸入ものの方が、比較的お安い値段で季節を問わず手に入れることができるので重宝します。

レシピの紹介の前に、なぜ生理中に食べてもらいたいかを説明します。ブロッコリーは栄養的に大変優れた野菜です。生ならその含まれるビタミンC量はレモンの2倍とも言われています。

それ以外にもカロチン、ビタミンB1・B2、カリウム、リンなど多くの栄養素が含まれています。それに加え、エストロゲンの活性を抑える働きも期待できるのです。
つまり、ホルモンの過剰分泌による生理痛などを緩和できるのです。そんな優秀な食材を使ったナムルのレシピをご紹介します。

まず準備するものは、ブロッコリー2分の1房、ちりめんじゃこ大さじ2、おろし生姜小さじ1、砂糖少々、醤油小さじ2、ごま油小さじ1、すりごま少々です。ブロッコリーは子房に分け、ラップをしてレンジでチンします。

砂糖と醤油とごま油をボウルに混ぜ合わせ、ブロッコリー、ちりめんじゃこ、おろし生姜を加え、最後にすりごまをかけて完成です。

ポイントは電子レンジです。お湯で茹でるよりも電子レンジの方が1.5倍のビタミンCが残るとのことで、効率的に栄養素を摂取できるのです。

>>食事以外での生理痛緩和方法
サブコンテンツ

このページの先頭へ