たけのこ料理を食べて生理の辛さを緩和したい

■たけのこと鶏肉とコンニャクの煮物丨生理中に食べたい!たけのこ料理



生理中にぴったりのたけのこと鶏肉とコンニャクの煮物についてご紹介します。たけのこはグルタミン酸やチロシン、アスパラギン酸などのうまみ成分でもあるアミノ酸が含まれています。

生理中はどうしても疲れやすくなってしまうので、そんな方にもピッタリなレシピです。味はさっぱりとしている煮物なので、食欲が進まないという方もモリモリ食べることができてしまいますよ。

また、材料を切って煮るだけなので、料理が苦手な方も簡単にできてしまいます。料理に使うたけのこは、水煮をしてパックされているものを使うと、アク抜きをしなくてすむので便利に作れます。では、生理中に食べたいたけのこと鶏肉とコンニャクの煮物についての詳細をご紹介します。

生理にピッタリのたけのこレシピです。まず、用意する材料からご紹介します。材料は3人分で、たけのこ中1本、鶏肉200g 、コンニャク1丁、だし、濃い口500cc 、市販の白だし40~50cc、減塩醤油大さじ1くらいです。冷蔵庫に入れて保存をすることができるので、多く作っておくと便利ですね。

では作り方についてです。まず、ティーバック型で売られているだしを500~600ccくらい濃いめに作っておきます。次に、たけのこを一口サイズに切って湯がきましょう。

アク抜きをしていない場合は、前日にアク抜きをしてから使います。水煮のものはそのままカットして使いましょう。次に、鶏肉とこんにゃくを一口サイズに切ります。こんにゃくはスプーンなどを使って切り取ると、煮汁がしみやすく美味しく出来上がりますよ。そして、だしに、たけのこを入れ、白だしを加えて、5分くらい中火で煮ます。

そして鶏肉を加えてしっかりと火を通し、こんにゃくを加えて煮汁が煮詰まれば完成です。生理中にオススメなこのレシピをぜひ試してみてください。

>>他にもある緩和効果のある食べ物
サブコンテンツ

このページの先頭へ