アジを食べて体質改善して生理痛を緩和するには

■アジのなめろう丨生理中に食べたい!アジを使った料理



生理中は鉄分不足になりがちですが、そんなときには、血液中の中性脂肪値やコレステロール値を低下させることが期待できるアジを使った料理を作ってみましょう。アジのなめろうについてのレシピをご紹介します。

青魚のアジは、DHAもたっぷり含まれていますよ。アジのなめろうを作ったことがないという方も、レシピを見ながら簡単につくれてしまうので、初心者にもオススメの料理です。

アジのなめろうは、アジとしょうが、にんにく、大葉さえあれば、お手軽においしい料理ができてしまいます。手間もそれほどかからないので、生理中、長時間立っての料理が大変という方にもオススメです。

では、アジのなめろうの詳しい作り方についてご紹介しましょう。

生理中に食べたいアジのなめろうの材料についてです。材料は1人分で、アジ 1匹、、大葉(みじん切り) 2~3枚 、しょうが(みじん切り) 1/2、にんにく(みじん切り) 1/2、みそ小1、酒小1です。

では作り方についてですが、まずアジを3枚に開き、皮をむいたら、細かく切っていきましょう。そして、大葉、しょうが、にんにくをみじん切りにしていきます。アジと調味料をまな板の上にのせて、包丁を使ってしっかりと混ぜ合わせていきましょう。

全体に何度もたたきながら混ぜ合わせていくことがポイントです。

すべてが混ぜ終わり、材料に粘り気が出てきたら丸くまとめて、切れ目をいれておくと、見栄え良く盛り付けることができますよ。

アジは切り身を使ってもよいですし、魚をさばいて使う場合は、さばいたまな板をしっかりと洗ってからなめろう作りをするようにしましょう。生理中にアジのなめろうを作って、生理中の嫌な気分を吹き飛ばしてみませんか?
サブコンテンツ

このページの先頭へ