生理痛でお悩みの方にアスパラガスレシピを紹介

■アスパラのリゾット風丨生理中に食べたい!アスパラガスを使った料理



アスパラガス 生理痛を和らげることができる食材であるアスパラガスは、様々な方法で食べることができます。リゾット風にして食べることで、食欲がない時も簡単に食べることができます。

アスパラガスの食感を楽しみながらチーズやタマネギの風味を楽しむことができるので、しっかりと味わうことで口の中での美味しさも広がります。料理に必要な道具も、フライパンのみなので洗い物も少なくて体調が悪い時にも嬉しいレシピになっています。

手軽にご飯の美味しさを感じながらアスパラガスやタマネギが本来持っている味を感じることができるので、中身の濃い一品です。チーズと卵のまろやかな味わいに癒されて穏やかな気持ちになることができるということは間違いありません。

アスパラガスにはカロチンという成分が多く含まれているので、食べることで自然と病気に対する抵抗力を高めることができます。生理の時に体調があまり良くないなと思った場合はアスパラガスのリゾット風を食べてみるといいかもしれません。

用意する材料は、アスパラガスを1本~2本、タマネギを1個、そしてご飯を120gと卵を1個にとろけるチーズを1枚~2枚用意します。あとは、コンソメの素を1/2個とお酒を大さじ2杯です。お好みで黒コショウを用意しておくとよいでしょう。

作り方は、まずはタマネギをすりおろします。そして、計量カップに入れて180ccになるまで水を足していきます。次に、フライパンに計量カップに入れておいたものと、コンソメの素と酒を入れて火を通します。この時は中火で行います。

そして、アスパラガスを入れます。

少しだけ色が変わってきたら円を描くように周りに寄せて真ん中にご飯を入れます。軽く混ぜてから溶き卵を入れてさらに混ぜます。全体的に混ざったら、チーズをまんべんなく散りばめて余熱で溶かして軽く混ぜたら完成です。生理の時の体調不良の強い味方になるレシピです。
サブコンテンツ

このページの先頭へ