生理中のためのあさりの健康レシピについて

■あさりの味噌ラーメン丨生理中に食べたい!あさりを使った料理



生理中は気分が沈みやすく、お腹の調子が悪くなる方も多いのではないでしょうか。そんな方にぴったりの、あさりを使った料理のレシピをご紹介します。あさりの味噌ラーメンですが、味はさっぱりとしているので、食欲がない方にもオススメのレシピです。

また、このレシピではパスタを使っていますが、縮れ麺が良いという方は、ラーメン用の麺を使ってもおいしくできあがりますよ。使うあさりの下準備が大変と思われる方は、安いときにまとめて購入をして、塩抜き後に冷凍保存をして使うと便利です。作る時に自然解凍をしてから作っていきましょう。

アサリは赤血球の生成を助けるビタミンB12が入っているので、生理中にはぴったりの食品です。では、そんなアサリを使った味噌ラーメンのレシピを紹介します。

生理中にぴったりのあさりの味噌ラーメンの材料です。あさり1パック、しめじ半株、ネギ1/3本、 輪切り唐辛子適量 、乾燥パスタ2束、重曹25g 、昆布つゆ大さじ2 、鶏ガラスープの素大さじ2 、塩胡椒 少々 、合わせ味噌 大さじ2 、お好みで、ごま油、にんにくラー油です。作り方ですが、まず鍋にラーメンスープ用の水丼2杯分と塩抜きしたあさり、しめじ、刻んだネギを入れて火にかけます。

別の鍋にパスタを茹でる水を沸かし、沸騰したら重曹を入れてパスタを茹でます。重曹を入れることでパスタっぽさをなくすのがポイントです。

あさりが開いたら、鶏ガラスープの素、昆布つゆ、唐辛子、味噌を溶いていれ、塩胡椒で味を整えて沸く直前で火を止めます。最後に、パスタの上にスープをそそいで、味噌ラーメンのできあがりです。

お好みで、ラー油やごま油、にんにくを加えていただきましょう。生理中にビタミンB12を補給できるこのレシピを作って、生理の嫌な気分を吹き飛ばしませんか。
サブコンテンツ

このページの先頭へ