生理中の辛い症状「吐き気・ムカつき」の要因と緩和方法

生理痛の中には、「吐き気・ムカつき」といった腹部周辺に違和感が続くという辛い症状が起こる方がいます。症状の強さは個人差がありますが、腹痛がひどい人ほど吐き気の症状が強く出やすい傾向にあります。
原因やメカニズムを知り、症状を緩和・改善するためのヒントを探しましょう。

強い吐き気に悩んでいます。

吐き気の症状で悩む女性のコメントもともと貧血気味のせいか、生理になると、めまいだけでなく、吐き気が止まらなくなってしまいます。食べ物の臭いもとても不快で、吐き気が止まらず、食欲もないので、体力もなくなってしまうので、何もする気が起きないほどですが、仕事を毎回休むわけにもいかず、とても辛いです。市販品の生理痛の薬を飲んでも、全く変化がなかったので、1ヶ月ほどで服用を止めました。同じような症状の友人が居なくて、相談もできないので、どうしたら良いのか困っています。 病気のような何か他の原因も関係しているのではないかと、とても不安です。

生理で「吐き気・ムカつき」が起こる要因は何?

吐き気を伴う生理痛生理中の不調は個人差があり、毎回吐き気を感じる方もいれば、時々しか感じない方もいます。腹部周辺に違和感には、生理中に分泌される「プロスタグランジン」というホルモンの影響が大きいとされています。

この「プロスタグランジン」は経血を子宮外へ排出するために分泌されるホルモンです。子宮を収縮し、経血を子宮外へ排出する際に感じるのが、腹部の痛みの原因の一つとされています。

血行不良などで経血の排出がスムーズにいかない場合には、「プロスタグランジン」が過剰分泌されてしまい、子宮だけでなく、付近の内臓や筋肉の動きまで活発にさせる力があるため、「胃痛・吐き気・ムカつき」などの症状が引き起こされてしまいます。

起こされてしまいます。ストレスや不規則な生活によってホルモンや自律神経のバランスが崩れていると、プロスタグランジンの分泌にも影響があるとされているため、自分に合った不調改善方法を探し、「プロスタグランジンの過剰分泌を抑える」事が大切です。

「吐き気」の原因!ホルモンの過剰分泌を抑える方法

吐き気・ムカつきの原因「プロスタグランジン」の過剰分泌を抑えるために、何をしたら良いのでしょうか?

急な吐き気には市販品の薬で即効性を求める場合も必要になりますが、日頃から身体を冷やさないように、体質の改善や生活習慣を見直す事が予防・症状の緩和につながります。

【注意】20代・30代でも更年期の症状が出る事があります!!>>その症状、もしかしたら若年性更年期かも!?

1)下腹部・子宮を温める
吐き気の原因である「「プロスタグランジン」は身体が冷えてしまうと過剰に分泌されてしまいます。「お腹を温めてると楽になる」と聞いた経験はありませんか? 「プロスタグランジン」は子宮内に分泌されるため、下腹部を重点的に温めてあげることは非常に有効です。 また、日頃シャワーの多い方は、お風呂にゆっくり浸かり体の芯から温める事を習慣にするのも効果的です。
2)サプリメントでバランスを整える
生理中の吐き気にはホルモンや自律神経のバランス崩れも大きく影響してくるため、バランスを整えるサプリメントを継続して見る事も良いでしょう。
血流を良くする働きをする成分やバランスを整える成分んを効率よく摂取することで、根本的に吐き気や生理痛の起こりにくい体質に変えていく事ができます。 栄養補助食品であるサプリメントはため胃への負担も少なく、手軽に購入することができるのも魅力です。>>生理痛に効くサプリメントはこちら 
3)漢方薬を試してみる
市販品などの生理痛に効果のある薬は、副作用により胃腸の機能低下や、荒れなどで、吐き気を感じてしまう場合があります。体のバランスを整える漢方は、自然生薬のため鎮痛剤のように胃の負担となる可能性は少ないと言われています。
漢方薬は体質に合わせて服用してこそ本来の効果を期待できるものなので、初めて服用する場合には1度漢方医に相談することをおすすめします。
体のタイプに合った処方をしてもらえば、即効性にも期待ができる方法です。>>漢方について詳しく見る

サプリで吐き気と肌荒れが改善されました

吐き気が改善した女性のコメント市販品の薬では効果はすぐキレてしまい、1日の摂取量ではとても効きませんでした。婦人科で相談したりしたり、漢方薬も試しましたが、費用もバカにならないんです。

胃の荒れからか、肌にブツブツができてしまったので、美容目的で女性ホルモンを整えるサプリを試したところ、その月は生理痛や吐き気が楽になってたんです。
サプリ以外に薬など飲んでいないので、女性ホルモンの乱れが原因だったんだ!と思いました。今3ヶ月そのサプリを飲んでいますが、とても調子が良く、生理が憂鬱ではなくなりました。

>>生理痛にも効く女性ホルモンを整えるサプリ

吐き気を悪化させるNG行動取っていませんか?

生理痛の吐き気を悪化させる食事 生理痛の吐き気やムカつきを悪化させてしまう要因には、プロスタグランジンの過剰分泌に加えて、体の冷えや血行不良・胃の不調が挙げられます。つまり、普段の食生活や生活習慣が、生理痛の吐き気を悪化させてしまうか否かに大きく関係しているのです。辛い症状を悪化させないためにも、その要因となる行動は避けましょう。

私たちの体は血流が悪くなると、様々なトラブルを引き起こしやすくなります。もちろん、辛い生理痛の症状を悪化させるものでもありますから、血流を悪くするようなことは避けるのが肝心なのです。

まず挙げられるのが、体を冷やすこと。冷えは血流を悪くする一番の原因です。偏食や運動不足など、体の冷えにつながるようなことは極力避けていきましょう。

また、ストレス過多や、食事をしないような無理なダイエット刺激物ばかりの摂取は胃に大きな負担をかけます。そうなるとプロスタグランジンの働きに過敏に反応してしまうため、吐き気の症状を悪化させてしまうことになりかねません。心当たりのある方は、ストレスの解消や食生活の見直しをしていきましょう。

しかし、こうした改善対策をしても、吐き気の症状が一向に緩和されない場合もあります。その場合は、子宮内膜症などの病気である可能性もありますので、我慢せずに産婦人科でご相談される事ををおすすめします。

>>「吐き気」以外の症状別対策を見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ