ランキングトップ5

生理痛で起こる腰痛のメカニズム

生理痛の痛み症状の一つが腰痛です。腰に感じる重い痛みのために、ひどい人だと立ったり座ったりという、日常の動きにも支障が出てしまうほど。そんな腰痛の症状を緩和して、生理中でも支障なく動けるようになるために、生理で腰痛が起こるメカニズムを知って、腰痛改善に適した対策方法を見つけていきましょう!

生理痛で腰痛が起こる原因って?

生理痛で腰痛生理痛の症状の一つに挙げられるのが、腰痛です。腰に走る重い痛みで動くのが辛い、とおっしゃる人も少なくありません。このように、生理中の腰痛に悩まされている人の多くは、普段から腰痛を持っているというわけではありません。生理で腰痛が引き起こされるメカニズムを知って、症状の緩和へつなげていきましょう!

生理痛の症状として腰痛が起こってしまう原因には、生理の時期に起こるホルモンの急激な変化も関係しています。 >>ホルモンバランスを整える働きをする成分を見る

生理期に入ると、経血を排出しやすくするために、骨盤が開いていきます。その時に、骨盤を開きやすくするため、リラキシンという関節を緩める働きをする卵巣ホルモンの1種である物質が分泌されます。その働きが筋肉や腰へも影響するため、生理前から腰痛の症状が起こると考えられています。

その他にも、生理痛のもとプロスタグランジンの過剰分泌や、血行不良による骨盤内のうっ血も、腰痛を引き起こしてしまう大きな要因と言われています。また、骨盤に歪みがあると生理による腰痛を引き起こす、と指摘されています。 >>血流を良くする成分を見る

生理中の腰痛を和らげるには

生理になると、重くて痛い腰痛が起こって日常的な動きが辛い、という症状に悩まされていませんか?生理痛の最も悩ましいところが、こうして普段の生活に支障をきたしてしまう事です。そこで、辛い生理痛の症状・腰痛を緩和して、支障なく日常生活を送れるようにするために、おすすめの緩和方法を3つご紹介します。

テーピングをする 生理の時の腰痛緩和に適しているのが、テーピンクでの生理痛対策です。骨盤をグルッと1周させることで、骨盤を整え下腹部のうっ血を改善する効果が期待できます。また、痛む腰の筋肉をサポートすることにもなるので、おすすめの方法です。 >>テーピングについて詳しく見る
ツボを刺激する 生理痛のツボと併せて、腰痛のツボも刺激すると、症状の緩和に効果的と言われています。腰のツボは自分では押しにくいので、使い捨てカイロなどで温める方法をとるのが良いでしょう。 >>ツボ刺激について詳しく見る
お灸をする お灸をすることで、全身の血流が良くなり緊張で硬くなっている腰の筋肉がほぐれる事で、痛みを緩和する効果が期待できます。ただこちらも、一人では腰のツボにお灸を置くことができませんので、ご主人などご家族の方に手伝ってもらうといいですよ! >>お灸について詳しく見る

腰痛は悪化する?!気をつけたい行動はなに?

生理痛症状:腰痛生理中に起こる腰痛は、「ホルモンバランスの乱れ」「血流の悪さ」「骨盤の歪み」の3つが主たる要因となって引き起こされていると言われています。ですので、生理で腰痛を起こさないためには、これらの要因を誘発するような行動は避けなければいけません。では、どんな行動が、生理痛の症状・腰痛の悪化を招いてしまうのでしょうか?

腰痛を引き起こす「ホルモンバランスの崩れ」「血行不良」に共通しているのが、「体の冷え」です。女性の社会進出にともなって、不規則な生活や食生活などで、生活習慣病にかかる人も少なくありません。そこへ空調など外的ストレスも加わり、体の代謝が低下して、知らず知らずのうちに冷えを増長させている傾向にあるのです。

コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物や冷たい飲み物はもちろん、白砂糖やスナック菓子なども体を冷やしてしまうもの。特に生理前には、食べるのを控える事をおすすめします。

もう一つの「骨盤の歪み」は、普段の姿勢や歩き方によって起こります。同じ体制ばかりとり続けたり、楽な姿勢ばかりしていると歪みは大きくなります。歩き方を見直したり、軽いストレッチも骨盤の歪みを極力抑えるのに、効果があると言われています。

>>「腰痛」以外の症状別対策を見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ