ランキングトップ5

発熱にはわけがある!生理痛と発熱の関係

生理痛の症状としては、あまりピンとこない方もいるかもしれませんが、生理中に起こる発熱も症状の一つです。中には、生理のたびに38度を超す高熱に悩まされている人もいらっしゃいます。でも、いったいどうして生理になる度に発熱が起こってしまうのでしょうか?その要因を知ることが、発熱症状を緩和・改善するヒントになります。

病気のサインかも!生理中に起こる発熱

生理中に起こる発熱女性の体は、排卵が始まると体温が高い状態がしばらく続き、生理が始まるとともに下がります。けれど、この体温のリズムを無視して、生理が始まっても体温が下がらず、発熱した状態になることがあります。このような生理中に起こる発熱は、軽度の場合もありますが時には毎回、38度以上の高熱に苦しむ人もいるのです。

風邪をひいた時などもそうですが、私たちが発熱症状を起こす時は、必ず体のどこかが炎症を起こしていると言われています。

生理痛の症状である発熱にも、もちろん同様のことが言えます。生理のたびに発熱症状が起こる場合は、体の内部で子宮内膜症クラジミア感染症といった病気が発生している疑いがあります。生理が終わると熱も引くことから、たいしたことがないかもと自己診断しがちですが、放置せず思い切って産婦人科を受診することをおすすめします。

もちろんこうした病気による発熱の他にも、生理の時に体の血流が悪くなっていると発熱する場合もあります。また、排卵後の高温気が続く場合は、妊娠の可能性もありますのでチェックしてみましょう! >>血流を良くする成分を見る

発熱緩和のためにできる対処法

生理のたびに現れる発熱の症状は、軽度の人もいれば高熱を出してしまう人もいらっしゃいます。体もだるくなりますし、高熱でしたら動くのも辛く、日常生活に支障が出てしまいます。発熱症状には病気が原因となっている場合が多く、その治療が緩和への近道になりますが、その他にもおすすめの緩和法を3つ、ご紹介していきます。

サプリを服用する サプリで、体質を根本的に改善していく方法です。栄養補助食品であるサプリは体への負担も少なく、血流を良くする働きをする成分を効率よく摂取することで、発熱などの生理痛症状を起こりにくい体質へと変えていくことができます。 >>血流を良くするサプリを見る
鎮痛剤を服用する 発熱があると、体がだるく日常生活にも支障をきたします。辛い場合は我慢をせず、市販の鎮痛剤で症状の緩和をはかるのも方法の一つです。ただし、鎮痛剤は緊急のケアですから、根本的な改善にはつながりません。 >>鎮痛剤について詳しく見る
漢方を服用する 漢方には鎮痛や消炎・解熱作用のあるものもあります。漢方薬は自然生薬ですから、副作用の心配も少ない対策法です。漢方医に相談してあなたの証(タイプ)に合った漢方薬を処方してもらい、それを服用することをおすすめします。 >>漢方について詳しく見る

発熱を悪化させないためには

生理中に起こる発熱発熱があるというと、真っ先に風邪が原因だと思い込んでしまいがちですが、生理と共に発熱し生理とともに引く、といった場合は生理痛症状の一つということが考えられます。風邪でもないし生理が終われば引くから…と軽く自己診断を下してしまうと、放置してしまったために発熱より怖い症状が悪化してしまうかもしれないのです。

生理のたびに起こる発熱は、それほど熱が高くならない人から38度を超す高熱に苦しむ人もいます。しかし、発熱というと風邪の症状と判断する人も多く、生理が終わると引いてしまうことから、辛いと思いながらも仕方がないと放置している人も少なくありません。

ですが、発熱はどこかに炎症が起きているという、体からの大事なサイン。特に生理中に起こる発熱には、子宮内膜症などの病気のサインとしての面もあるのです。それを見逃しておくということは、発熱だけでなくその他の生理痛症状の悪化を招くとともに、病気の悪化にも繋がってしまいます。

生理の度の発熱が続き、かつ高熱であった場合は、迷わず産婦人科へ診察を受けに行くことが、生理痛症状の悪化を防ぐ一番の方法になります。

>>「発熱」以外の症状別対策を見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ