ランキングトップ5

生理痛で下痢?そのメカニズムとは

生理になるとお腹が緩くなる、そんな下痢の症状が出る人もいます。腹痛も増しますし、何度もトイレに入るなど、ひどくなれば日常生活にも支障をきたしてしまいます。生理でない時は症状のない人が多いということは、生理痛と関連していることは間違いありません。下痢の要因を知ることで、下痢の症状を緩和する方法を見つけましょう!

生理痛が起こす下痢の症状

生理痛が起こす下痢生理痛の症状として、お腹が緩くなる下痢を挙げる人も多くいらっしゃいます。下痢をすると腹痛も増しますので、生理痛を抱える人にとって辛いことこの上ありません。でも、普段からお腹が緩いというわけでもないのに、どうして生理になると下痢の症状があらわれるのでしょうか?それには、生理痛を起こす要因と関連しているのです。

生理痛の代表である腹痛を起こす要因の一つに、プロスタグランジンの過剰分泌があります。

プロスタグランジンというのは、女性が出産する時陣痛を促す物質で、子宮の収縮を促す働きがあります。それに、プロスタグランジンには生理が始まると子宮を収縮させ、経血の体外への排出を促進させる役割も持っています。

ところがプロスタグランジンには痛みを引き起こす作用もあり、生理痛のもととも言われているのです。そしてこの物質は、子宮だけではなく胃や腸といった内臓も収縮させる作用を発揮してしまうのです。

そのため、生理の時に下痢の症状があらわれるのは、プロスタグランジンによって腸の蠕動運動が過剰に刺激されるためと考えられています。 ですので、血行不良などの要因でプロスタグランジンが過剰分泌されると、下痢の症状も悪化すると言われています。 >>血流を良くする成分を見る

生理時の下痢の症状を抑える方法

辛くて憂鬱な症状の多い生理痛で、お腹が緩くなってしまうのも本当に不快な症状の一つですよね。おトイレは近くなってしまいますし、腹痛も増すようで本当に困ります。そんな下痢の症状を緩和・改善するためにおすすめの方法を3つ、ご紹介していきます。少しでも、生理の期間を楽に過ごすための、参考にしてみてください。

お灸をすえる 生理痛と腸のツボに、お灸をしていきます。お灸の熱でじんわりと温まれば、緊張していた筋肉も和らぎ、腸の働きも正常に戻ると言われています。腹痛の緩和にも役立ちますので、ぜひ試してみていただきたい方法です。 >>お灸について詳しく見る
漢方薬を服用する 生薬の効果で、腸の動きを正常に戻す効果があるとされています。また、崩れたホルモンバランスを整える効果も期待できるので、下痢の要因となるプロスタグランジンの過剰分泌をおさえる効果が期待できます。 >>漢方薬について詳しく見る
アロマオイルを垂らした足湯につかる 足湯につかることで、足元から温められ冷えや血流が良くなる効果が期待できます。また、香りのリラックス効果も加わるので、ホルモンバランスが整って、下痢などの生理痛の緩和に有効と言われています。 >>アロマについて詳しく見る

生理のときの下痢の悪化は生活習慣から?

生理痛症状:下痢痛みも伴う辛くて不快な下痢の症状は、生理痛のもとと言われるプロスタグランジンという物質の過剰分泌が要因の一つと言われています。そしてその過剰分泌を招くのが、ホルモンバランスの崩れ血流の悪さです!忙しいからと、不規則な生活を送っていませんか?そんなあなたの日常が、生理痛を悪化させているかもしれません。

女性に起こる生理痛の症状は、女性ホルモンのバランスが崩れることと、体の血行不良が大きく関係しています。生活習慣病が社会問題にもなっている現在、女性の体も不規則な生活やストレスで、ベースの体がすでにバランスを崩してしまっている傾向にあります。 >>ホルモンバランスを整える成分を見る

過度の飲酒や喫煙、睡眠不足、運動不足、偏食などなど…。いずれも体を冷やし血流を悪くしてしまう原因に他ありません。そして、血行の悪い体は、生理の時に痛みや下痢の要因となる、プロスタグランジンを過剰分泌させてしまうのです。 >>血流を良くする成分を見る

生理のたびに起こる辛い症状を緩和して改善するには、その都度の緩和ケアを行うのも大切ですが、日常生活を見直して普段から体を冷やさない、血流や代謝をアップさせる工夫をしていくこともとても重要なのです。

>>「下痢」以外の症状別対策を見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ