ランキングトップ5

生理痛対策の定番!市販薬の注意点

生理痛対策の中でも一番の定番と言えるのが、鎮痛剤といった市販薬です。種類も複数あって、薬局で手軽に入手できるというのも、定番のお助けアイテムとして使用されている理由でしょう。ですが、痛み止めの効果は人により違いがあるようです。ここでは、そんな市販薬のメリット・デメリットを挙げてみましょう。

市販薬で生理痛対策・どのように利用してる?

生理痛対策の定番である「市販薬(痛み止め)」。女性の多くが利用していますが、みなさんどのように市販薬を活用しているのでしょうか?手軽さと即効性が支持されている市販薬ですが、実際にはどんな感じなのか、市販薬で生理痛対策をしている人の声を聞いてみましょう!

市販薬で生理痛対策をしている人の声

生理痛対策コメント「私は生理が重い方で、ひどい時は動けなくなってしまうくらい。ですので、その対策として市販の鎮静剤を愛飲しています。ドラッグストアですぐに購入できますし、自分の飲みたいタイミングで飲めるのも市販薬の良いところだと思います。けれど最近、今まで飲んでいた薬では効かなくなってしまって…。ドラッグストアの薬剤師さんに相談して、今までのよりも少し鎮静効果の強い商品に変えました。本当は一番強い痛み止めにしたかったんですが、それも効かなくなってしまったら困るし…。それでも痛みは緩和されるので、生理痛が本格的になる前に飲むようにして、ひどくならないようにしています。」

生理痛の市販薬にはどんなものがあるの?

生理痛の市販薬ドラッグストアなどで販売されている生理痛の鎮静剤は、複数の製薬会社からそれぞれ発売されているため、その種類はとても豊富。選ぶのにも迷ってしまいますが、いったいどんな違いがあるのでしょう?それでは、配合されている成分についてやそれぞれの特徴などを、ご紹介しましょう!

生理痛を緩和する「市販薬(痛み止め)」は、複数の製薬会社から販売されています。代表的な商品といえば、

  • バファリン
  • ナロンエース
  • ノーシンピュア
  • セデス

が挙げられますが、その他にもたくさんの種類があります。

これらの鎮静剤はそれぞれ配合されている成分が違い、それが商品の違いとなっています。こうした生理痛の市販薬に含まれる主な成分は、次の通りです。

「イブプロフェン」・「アセトアミノフェン」
生理痛のもとである「プロスタグランジン」の過剰分泌を抑え、痛みを和らげる効果があります。「イブプロフェン」は15歳以上、「アセトアミノフェン」は15歳未満の女性に適した成分です。
「催眠鎮痛成分」
生理時のイライラなど興奮を抑える成分です。
「カフェイン」
生理時のむくみや意識がボーっとなるのを抑える成分です。

生理痛の市販薬は、薬局やドラッグストアで購入することができますが、配合によってそれぞれ特徴がありますので、まず薬剤師さんに年齢や症状を相談して、それに合った薬を選んでもらうのがベストでしょう。また、「ピリン系」か「非ピリン系」かもチェックしたいポイント。「ピリン系」は鎮痛効果と即効性に優れていますが、人によっては副作用でアレルギーを発症する場合があります。反対に「非ピリン系」では副作用の心配が少ないですが、「ピリン系」程の効果は望めません。

市販薬での生理痛対策・その注意点とは

女性がしている生理痛対策の中でも、定番と言えるのが痛み止めの「市販薬」です。痛くなったら我慢せずにすぐ服用、という人も少なくありませんが、効き目には個人差があるなども指摘されています。では、「市販薬」にはどんなメリット・デメリットがあるのか、利用者の声なども交えてご紹介していきましょう!

「市販薬」のメリット

生理痛のお助けアイテム「市販薬」のメリットは、ドラッグストアで購入できる手軽さと、服用後に痛みが緩和するまでの時間が比較的短いという点でしょう。

  • 「仕事前など、痛いなと思ったらひどくなる前に飲んでます。」
  • 「もともと頭痛持ちで、生理痛の時もその痛み止めを服用しています。」

など、薬を常用している人も多く、中には「手放せない」とおっしゃる方も。

手軽で即効性の期待できる生理痛のための市販薬は、複数の製薬会社から販売されており種類も豊富。でも、成分の配合は各製薬会社の製品ごとに違いがあるので、購入する時は年齢や症状を薬剤師さんに相談して、おすすめの薬を紹介してもらうのがベストです!

「市販薬」のデメリット

反対に「市販薬」のデメリットとして特に聞かれるのが、

  • 「飲んでいたけれど、あまり効かなくなってしまった。」
  • 「副作用が怖い」

という声です。

確かに痛み止めは飲み続けると体が慣れて効かなくなる、という話はよく聞きますよね。でも、月に1回3~4日程のペースであれば、あまりそういったことはないようです。とはいえ、絶対ということはありません。その場合、効かないから強い薬…とすぐに移行するのはあまりおすすめできません。

強い痛み止めの場合、痛みのもとである「プロスタグランジン」の抑制効果も高いのですが、同時に子宮の収縮も抑えてしまうため子宮が緩み「経血の量が増える」という副作用が起こる可能性があり、かえって不快な状態になってしまう場合もあるからです。 >>プロスタグランジンの分泌を抑える働きをするサプリを見る

市販薬が効かなくなってきたら、一度婦人科に相談してみるのもいいでしょう。また、アレルギーなど疾患をお持ちの方は、必ず医師に相談したうえで痛み止めを服用するようにしてください!

手軽さと即効性で生理痛対策の定番となっている市販薬ですが、生理痛の緩和や痛みのもとである「プロスタグランジン」の分泌を抑制する作用で、メリットばかりではなく「眠くなりやすい」「経血が増える」「アレルギー反応」「胃腸障害」などの副作用も同時に引き起こしてしまう場合もあります。そのため、できれば薬を飲まずに済むようになりたい!とほとんどの方が思っています。

それにはまず、これまでの日常生活を見直して、生理痛を引き起こしにくい体になるためのベース作りをしていきましょう!

生理痛改善>>副作用のない生理痛対策について見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ