ランキングトップ5

気になる!産婦人科での生理痛対策

生理痛が起こる要因として、主に女性ホルモンの崩れが挙げられていますが、その他にも重大な病気のサインとも考えられます。ですので、生理痛にお悩みの女性には、産婦人科での受診がすすめられているのです。もちろん、病気以外が原因の生理痛にも対応する、様々な治療法が産婦人科では提供されています。

産婦人科受診・どんなきっかけで行きました?

生理痛の辛さに悩んでいても、なかなか産婦人科という選択肢を選べないのが女性の本音ですよね。でも、何か悪い病気が隠されているかもしれないし、将来の結婚・妊娠を考えるとやっぱり産婦人科への受診はした方が良いものです。そこで、実際に産婦人科を受診して生理痛対策をした人の声を聞いてみましょう!

産婦人科で生理痛対策をしている人の声

生理痛対策コメント昔から生理痛がひどくて、市販の鎮静剤を飲んでもあまり効かず、寝込んでしまうことも頻繁でした。それでも結婚前だったので、恥ずかしさの方が勝って婦人科へは行かなかったのです。でも、結婚を意識するようになったことから、このままではいけないと一大決心をして、近くの産婦人科の門をたたきました。そこで初めて、自分が「子宮内膜症」だったことがわかったのです!診察も緊張しましたけれど、よく配慮がされていて心配するほど辛くはなかったです。その後投薬治療で症状をかなり改善することができました。おかげでその後結婚し、子どもにも恵まれることができました。あの時思い切って、産婦人科へ行って良かったと思っています。

産婦人科でおこなわれている生理痛治療とは

産婦人科で生理痛対策生理痛が辛い場合、産婦人科や女性外来への受診がすすめられています。なぜなら、生理痛の症状には、重大な疾患が隠れているかもしれないからです。産婦人科できちんと診察することで、病気の有無もわかりますし、症状に応じた治療法を選択することも可能です。それでは、産婦人科で行う生理痛治療についてご紹介します。

女性にとって産婦人科を受診するというのは、相当ハードルの高いことです。しかし、筋腫やガンなど、受診しなければわからない怖い病気もいっぱい。それに、将来妊娠を考えるのであれば、生理痛は仕方ないと思わずに、辛い・おかしいと思ったら産婦人科へ行ってみましょう!

生理痛の症状やその要因は、その人のライフスタイルも関係してくるため千差万別。そのため産婦人科では、様々な治療法で対応しています。

代表的なのが

  • ピルの処方
  • 漢方薬の処方
  • 鎮痛剤の処方
  • 抗うつ剤、抗不安剤の処方
  • ホルモン療法

などです。

主に患者の希望と診断内容に合わせて、最も適していると思われる処方を提供してくれます。その後も定期的に経過観察を行っていき、症状の改善度合いや体調などを診て、薬の調整をしながら治療をすすめていくそうです。

また、いきなり産婦人科は勇気がでない…という方は、女性の心と体をトータル的に診察してくれる女性外来で、症状の相談をされると良いと思います。

産婦人科を選ぶために知っておきたいポイント

生理痛の改善や病気の早期発見など、女性にとって産婦人科で検診することが大切だということは、誰もがご承知だと思います。ただ「内診」など、女性にはなかなかハードルが高い病院であることは確かです。不安が少なくかつ安心して診療をお任せできる、そんな病院を選ぶための材料として、メリット・デメリットをご紹介します。

産婦人科のメリット

生理痛の改善だけではなく、女性特有のトラブルをトータル的に診る事ができるという点です。

どんな症状でも「早期発見・早期治療」は基本です。将来的に大事に至らないようにするためにも、産婦人科での検診はとても大切です。思い切って行った生理痛改善の治療をきっかけに、定期的に産婦人科へ行くようになったので、結果的にとても良かったという声も、とても多く聞かれます。

産婦人科のデメリット

産婦人科は女性にとって大切な診療科でありながら、精神的にも肉体的にもハードルの高い科でもあります。

その原因は何といっても「内診」の存在。大切な診察とわかってはいても、女性にとって精神的にも非常に辛い体制での診察は、本当に恥ずかしくて嫌なものです。これを克服するには、まず内診なしの診察予約をして、医師との相性をチェックしましょう。話をきちんと聞いてくれる・質問がしやすい・わかりやすく説明をしてくれるなど、信頼できる医師であることや、内診の際の配慮などがわかればグンと診察が受けやすくなります。

また、性交経験のない人の場合には内診をしない病院も多いので、その点もチェックして病院を選ぶと良いでしょう。

「婦人科」以外の生理痛対策を見てみる

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ