ランキングトップ5

アロマで生理痛対策・その効果と副作用とは?

アロマテラピー(芳香療法)は、植物の香り成分で脳をダイレクトに刺激し、体の不調を改善していく自然療法です。普段から生活の中に取り入れて、香りを楽しんでいる女性も多いアロマですが、生理痛の緩和にも良い作用があるということで、生理痛対策として活用している人も多くいらっしゃいます。

教えて!あなたのアロマを使った対策方法

アロマの生理痛対策には、自然の植物から抽出したオイルを使っておこなう方法と、乾燥させたハーブを使っておこなう方法の2種類があります。女性に人気のアロマだけに、オシャレなグッズもたくさんあって、楽しみながら対策している人も多いようです。それでは、アロマで生理痛対策をしている人の声を聞いてみましょう。

アロマテラピーで生理痛対策をしている人の声

生理痛対策コメント始めはそうでもなかったのですが、社会人になって仕事をするようになってから、生理痛に悩まされるようになりました。でも、仕事は休めないので、薬で何とか痛みをおさえて出社していましたが、帰宅するともう体中がだるくグッタリ…。もう生理が来るたびに憂鬱で仕方がありませんでした。そんな頃、友人の誘いでアロマの講習に参加することになったんです。そこで初めて、アロマが生理痛を和らげてくれる事を知りました!前からアロマには興味があったし、物は試しということで、早速生理痛に良いと言われるエッセンシャルオイルの中から好きな香りを選んで、浴槽に数滴たらしてから入浴するようにしました。同時に、お茶をハーブティーに換えて飲むようにしたところ、あれほど憂鬱だった生理の期間を、ずいぶん楽に過ごせるようになりました!頑張って対策したわけではなく、楽しみながら改善できたので、これからも続けていこうと思っています。

アロマがもたらす生理痛緩和への効能とは?

アロマがもたらす生理痛緩和への効能アロマ(芳香)テラピー(療法)は、その名の通りハーブ(芳香植物)の香りを吸引することで、心と体を癒していく方法です。心を落ち着け、ストレスなどでバランスを崩した体を整えていく効果に優れているとされ、ヨーロッパでは医療として国から認められている地域もあるほど。

そんなアロマは、生理痛にどう作用してくれるのでしょうか?

ハーブの香りには、体に作用する成分が含まれているそうです。その成分を香りとして吸引することで、脳にダイレクトに働きかけ自然治癒力を高めていく効果があるとされています。血行促進やリラクゼーションに優れた作用があり、生理痛の要因ホルモンバランスを整える効果も期待ができます。

アロマで生理痛対策を行う場合、ハーブから抽出された精油(エッセンシャルオイル)、または乾燥させたハーブを使います。

生理痛におすすめなのが

<精油(エッセンシャルオイル)>

  • イランイラン(ホルモンバランスを整える)
  • クラリセージ(婦人科系トラブル全般)
  • カモミール・ローマン(鎮痛作用)
  • ローズ(ホルモンバランスの調整)

<ハーブ(芳香植物)>

  • ジンジャー(月経痛の緩和)
  • ゼラニウム(ホルモンバランスを整える)
  • ハイビスカス(貧血・めまいの改善)
  • マリーゴールド(婦人科系の不調)

などです。

その他にも鎮痛作用に優れた西洋シロヤナギや神経を落ち着けるマージョラムもおすすめです。お風呂やお部屋のフレグランスとして楽しむのも、ハーブティーにして美味しくいただくのも良いでしょう。ただし、精油は取扱いに注意が必要ですので、その点を守ってアロマを行っていってください。

アロマを利用することでの副作用とは?

ハーブという100%天然の成分を使って行うアロマテラピーは、体への作用が優しく副作用も少ないとされています。でも、精油の取り扱いを間違えると、思わぬトラブルが起こったりする可能性もあるのです!せっかくのハーブの効能を正しく活用して生理痛を緩和するためにも、アロマのメリット・デメリットを知っておきましょう!

アロマのメリット

体がバランスを崩している時は、脳も同時に疲労した状態にあります。そこで間違った指令を出してしまうと、ホルモンの分泌バランスや自律神経のバランスが崩れやすくなります。アロマの香りは脳にダイレクトに作用してくれるので、脳疲労を素早く改善できるというメリットを持っています。

それに、100%天然成分なので、鎮痛などの効果がありながら副作用など体への負担が少ないのも、大きなメリットです。また、楽しみながら続けていけるというのも、アロマのメリットと言えるでしょう。

アロマのデメリット

ハーブから抽出された精油(エッセンシャルオイル)は、100%天然成分なだけに強くデリケートです。そのため、取り扱いに注意が必要になります。原液を飲まない・直接肌につけない、といったものから、その人が持っている疾患などによって使えないものがあるという注意点まであります。間違った使用をすると、アレルギー反応などの副作用を起こす危険性があります。

アロマオイルは、人気が高いためアロマの専門店以外でも入手することができます。しかし、中には100%ナチュラルでない物も販売されています。それだと効果は望めませんので、必ずチェックしてくださいね!後選ぶ際は、できるだけ自分の好みの香りを選ぶのもポイント。良い作用があるものでも好みの香りでなかったら、無理に選ぶ必要はありません。かえってストレスになって生理痛が悪化してしまう可能性も。

「アロマテラピー」以外の生理痛対策を見てみる

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ