ランキングトップ5

生理痛を改善してくれるビタミンはどれ?

私たちの体を整える働きを持っているビタミンは、美肌やアンチエイジングなど女性に嬉しい効果をもたらす働きを持ったものが多くあります。中でも、ビタミンB6とビタミンEには生理痛を緩和する効果が望めるため、積極的に摂取することがすすめられています。

生理痛にも効果を発揮!女性の味方ビタミンの基本情報

生理痛緩和に効果的なビタミンビタミンには、私たちの体の調子を整える働きがあります。その働きには、美肌やアンチエイジングの効果も期待できるため、まさに女性にとっては味方とも言うべき成分です。でも、ビタミンのパワーはなにも美容に関する効果だけではないのです!それが、女性のお悩み・生理痛の緩和に役立つ働きをする、という点なのです。

ビタミンは、私たちの体をつくるのに必要な栄養素の一つです。

代謝に深く関係して体の調子を整える作用があり、特に女性には美肌やアンチエイジングにも役立つ働きをしてくれる大事な成分なのです。ただ、残念なことにビタミンは、私たちの体内で合成することは出来ないのです。ですので、食物など体の外から摂取していかなければならないのですが、生活習慣や食生活の乱れから摂取量が足りていない人の方が多くなっている、というのが現状なのです。

ビタミンには、美肌などの美容効果だけではなく、ホルモンバランスを整えるなど生理痛の緩和にも役立つ働きがあります。特に「ビタミンB6」「ビタミンE」は月経トラブルに効果的とされているので、女性にはぜひ積極的に摂取してもらいたい成分なのです。

どんな働きで生理痛を緩和していくの?

PMSや生理痛の緩和に効果的といわれているビタミン。女性にとっては嬉しい作用のあるビタミンですが、生理痛にどのような働きかけをして症状を緩和しているのでしょうか?そこで、生理痛の緩和に良いとされている「ビタミンB6」「ビタミンE」について、その働きと生理痛の関係をご紹介していきます。

ビタミンがもたらす効果

・ビタミンB6
神経伝達物質セロトニンの原料であるアミノ酸の代謝、及びセロトニンの合成に関係しています。月経前症候群(PMS)の症状であるイライラや気分の落ち込みは、生理前にセロトニンが減少するために起こるとされています。ですので、生理前から積極的にビタミンB6を摂取することで、セロトニンの合成を促しそれによりPMSの症状を緩和することができると言われています。
・ビタミンE
女性ホルモンのバランスを整え、血管を拡張し血流を良くする働きがあります。女性には欠かせない栄養素ともいわれ、生理痛になりにくい体をつくるために、普段からしっかりと摂取していくことがすすめられています。また、生理痛の他にも女性に多い冷え性の改善にも、良い働きをしてくれます。

上手にビタミンを摂取するには

ビタミンはサプリで摂取ビタミンは、体内で合成することは出来ないのですが、私たちの体に欠かすことのできない大事な栄養素です。体の代謝を促進させ、血行改善・ホルモンの安定・美肌・生理痛の改善など、女性に嬉しい効果も多いビタミン、どんな摂取の仕方をすれば上手に体に摂り入れることができるのでしょう?

ビタミンの種類には、B6・Eの他にも、肌の乾燥や炎症を抑える「ビタミンA」、皮膚の再生やホルモン分泌を促す「ビタミンC」、疲労回復に効果のある「ビタミンB群」といったものがあります。こうしたビタミンは、主に野菜・果物・魚介類に多く含まれています。ところが、現代では不規則な生活や偏った食生活をしている人が多く、十分なビタミンを摂取しているとは言い難い状況です。

必要なビタミンを毎日きちんと摂取していくためには、まず日常の食事をバランスの良い内容となるよう意識していきましょう。それでも、食事だけでは不足してしまうこともあるので、サプリメントで補助的に補ってあげるようにすれば、より効率よく上手に摂取することができます!

>>「ビタミン」以外に生理痛緩和に有効な成分をチェック

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ