ランキングトップ5

イソフラボンで生理痛の緩和ができる理由とは?

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。生理中はこの2つのホルモンバランスが崩れ、エストロゲンが低下しすぎると生理痛が重くなりやすいのだそうです。大豆などに含まれるイソフラボンは、エストロゲンとよく似た成分であるため、生理痛の改善に適していると言われています。

イソフラボンとはどんな成分なの?

生理痛に効果的な成分「イソフラボン」イソフラボンは、主に大豆の胚芽に多く含まれている成分です。お豆腐や味噌、醤油といった大豆の加工品を食べる習慣のある日本人には、お馴染みともいえる成分なのですが、最近では女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」と似た働きをすることで注目度がアップ!崩れたホルモンバランスを整え、生理痛の緩和にも役立つと言われています。

イソフラボンは、大豆の胚芽に多く含まれるフラボノイドの一つで、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」に似た働きをしてくれる成分です。

エストロゲンは、女性らしさをつくるホルモンともいわれていて、これと似た働きをするイソフラボンには更年期障害・骨粗鬆症・乳がんなど女性特有の疾患の予防に良い効果があると言われているのです。

海外の研究機関では、日本人に長寿の人が多いのは、豆腐・味噌・醤油・納豆など、大豆製品を日常的に摂取しているためではないかという見方がされているそうです。

生理痛の緩和と美肌!イソフラボンの効果とは

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボン。これを聞いただけでも、生理痛となにか深い関係がありそうだということがわかりますよね。では、どんな作用をするために生理痛の緩和に効果が現れるのでしょうか?イソフラボンがもたらしてくれる、女性に嬉しい効果についてご紹介します!

イソフラボンがもたらす効果

女性ホルモンは主に、女性らしさをつくる作用のあるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、妊娠のために必要な働きをするプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が挙げられます。

普段はバランスを保っているのですが、生理の時はプロゲステロンの方が優位となり、バランスを崩しがちになるのです。この時にエストロゲンが低下しすぎると、経血量が増えたり、生理痛が強くなるという症状が現れるのです!

イソフラボンは、低下したエストロゲンの働きを助け、また過剰にエストロゲンが分泌された場合にはその分泌を抑える作用があります。女性ホルモンのバランスを整え、自律神経の安定効果が期待できますので、生理痛の緩和に役立つとされているのです。

その他にも、更年期障害・骨粗鬆症・乳がんの予防や、美肌にも良い効果があるとされていて、まさに女性らしさを保つために必要な成分といえます。

イソフラボンのおすすめ摂取法

生理痛緩和に適量なイソフラボン量辛い女性特有の疾患に良い作用があることがわかっているイソフラボン。体の中から健康的な美しさをつくっていくのにぴったりの成分ですが、あまり過剰に摂取しすぎると逆に生理痛を重くするなど、体への悪影響も懸念されています。では、どんなふうに摂取していけば、イソフラボンが持つ良い効果を得ることができるのでしょうか?

主に大豆の胚芽に含まれているイソフラボンは、豆腐・味噌・醤油・納豆・豆乳など、大豆製品で摂取することができます。割と身近で簡単に手に入るものばかりですので、積極的に食卓に摂り入れる事は比較的簡単ではないかと思われます。

しかしイソフラボンは、単独で過剰に摂り過ぎた場合、生理痛の悪化など体に悪影響を与えてしまう可能性も秘めています。そのため食品安全委員会では、イソフラボンの摂取上限量を1日70~75mg(成人)にするよう提言しています。

しかし食事では、食べ合わせによって効果が緩和されたりするため、どのくらい摂取しているのか分かりづらい、という難点があります。その点、サプリメントでしたら配合量も分かりますし、用量を守って摂取していけば心配は少ないので、とてもおすすめです!

>>「イソフラボン」以外に生理痛緩和に有効な成分をチェック

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ