ランキングトップ5

鉄分不足を補うと貧血&生理痛を緩和できる?

生理痛が重くて経血量が多い人は、下腹部の痛みに加えてめまいやふらつき・倦怠感などにも悩まされている方が多いと思います。これらの症状は、血液が急に失われて「鉄欠乏性貧血」という状態になっているために、起こりやすくなっているのです。改善のためには、血液中で不足してしまっている「鉄分」を補給してあげる必要があります。

鉄分ってどんな成分?

生理痛緩和成分「鉄分」鉄分は血液の生成に関係する体の必須栄養素・ミネラルの一つで、生理のある女性には不足しやすい成分でもあります。 私たちの体に流れる血液は、体中の細胞に栄養と酸素を供給する大切な役割を担っています。この働きが滞ってしまうと、体が活動するために必要な酸素と栄養が不足して、正常に機能しなくなってしまいます!

体の必須栄養素・ミネラルは、私たちの体の機能を正常に保つ働きがあります。

鉄分はミネラル成分の一つで、主に赤血球中にあるヘモグロビンを合成する働きを持っています。ヘモグロビンは、血液の流れに乗って全身の細胞に酸素を供給する役割を持っています。

ですので、主成分である鉄分が不足し赤血球中のヘモグロビンが減少してしまうと、細胞は酸素不足に陥り顔色の悪さ・ふらつき・めまい・倦怠感といった症状があらわれるのです。 鉄分不足は、偏った食生活を送っている人や、生理のある女性に起こりやすいとされています。

生理痛緩和する?鉄分の効果を知りたい!

私たちの体は細胞で出来ています。その細胞を活発で元気な状態に保つためには、必要な栄養と酸素をきちんと供給することが肝心。そして、その重要な役割を果たしているのが血液なのです。

でも、生理のある女性は定期的に血液を失うため、めまいや倦怠感などの貧血症状を起こしやすいのです。 鉄分には、そんな症状緩和効果があるんです!

鉄分がもたらす効果とは?

生理中は、経血として一度に血液が体内から失われます。特に経血量が多い人は、ふらつきやめまい・倦怠感など貧血症状がひどく、起き上がれなくなってしまう人も。こうした症状を予防・改善するのには、鉄分の摂取がおすすめです。

経血で体内から血液が失われると、体は「鉄欠乏性貧血」の状態に傾くと言われています。鉄分は体の中で合成することができない成分ですので、生理が始まればすぐ体に不快な症状が現れてしまうのです。

生理で血液が失われるのは仕方のない事ですから、なるべく「鉄欠乏性貧血」に傾かないよう、生理前から意識して鉄分を摂取し備える必要があります。また鉄分には、肌のくすみを改善する効果も期待できますので、美肌のためにも摂取したい成分でもあります!

おすすめの鉄分摂取方法とは?

生理痛緩和成分「鉄分」豊富な赤身のお肉前述した通り、鉄分は私たちの体の中で合成できない成分です。けれども、体の機能を正常に保ったり、美肌や生理痛緩和のためには欠かすことのできないもの。特に女性には、おすすめの摂取成分なのです。では、どんなふうに摂取していけばよいのでしょう?そこで、鉄分を多く含む食品など、おすすめの摂取方法をご紹介します。

女性におすすめの栄養成分である鉄分。この鉄分が多く含まれている食品は

  • レバー、赤身のお肉
  • しじみ、あさり、牡蛎、かつお、ひじき
  • 切干大根

などが挙げられます。

鉄分は、ビタミンCやタンパク質などと一緒に摂るようにすると、吸収が良くなり効果も高まるそうです。具だくさんのスープやお鍋にすれば、他の栄養素と一緒にバランスよく食べる事ができますね!

ただ、忙しい日常生活の中では、どうしても食事だけで補うというのは難しいかもしれません。そういった場合は、サプリメントを上手に利用して、生理の時の貧血症状に備えるようにしましょう!

>>「鉄分」以外に生理痛緩和に有効な成分をチェック

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ