ランキングトップ5

生理痛の改善に良い成分を摂る方法は?

生理痛を改善していくには、まず体のベース作りとして体質の改善をしていくことが大事になってきます。そのためにも、食生活の見直しというのは外せません。生理痛改善に良い成分を効率よく摂取していくことができれば、生理痛になりにくい体作りに役立つのですが、食事だけではなかなか補いきれないというのが実情です。

生理痛がひどくなりにくいのは、どんな体?

生理痛改善に良い成分生理痛には個人差があります。感じている辛い症状の違いというのもありますが、生理痛がひどい人とあまり感じない人、という差もあるのです。「私生理が軽くて、痛いとかあんまり感じたことがない」…羨ましい限りですよね。なぜ、生理痛になりにくいのか?その理由は、どうやらその人の食生活が深く関わっているようです。

生理の不快症状として挙げられるPMSや月経痛は、生理前後でホルモンバランスが急激に増減するのが大きな要因とされています。つまり、このホルモンバランスの乱れが小さければ小さいほど、生理痛にはなりにくいと考えられます。

ですから、ホルモンバランスを整えることこそ、生理痛になりにくい体作りのポイントとなるのです!

そのためにまず見直したいのが、食生活です。痩せようと思って無理なダイエットをしていたり、不規則で偏った食生活を送ってはいませんか?それでは、ホルモンのバランスを整えるのに必要な栄養素がほとんど摂れませんから、生理痛の緩和どころか悪化させてしまうかもしれません!

また、体の冷えも血流を滞らせ生理痛を増長させる要因の一つ。温かくてバランスの良い食事は、生理痛改善への第一歩です!プラスなかなか食事だけでは補いきれない、けれどもホルモンバランスを整えるのに有効な成分を補助的に摂取していけば、完璧と言えるでしょう。

生理痛を緩和するのに良い成分とは

食生活の見直しは、辛い生理痛にさよならするための対策として、副作用の心配のない根本的な改善策だと思います。でも、ホルモンバランスを整え生理痛改善に良いとされる成分の中には、食事だけでは補いきれないものもいくつかあるのです。生理痛になりにくい体作りのためには、ぜひチェックしておきたいそれらの成分をご紹介します。

プラセンタ プラセンタは、ホルモンバランスを安定させ、崩れた自律神経を整える作用やプロタグランジンの過剰分泌を抑える、血行を良くするといった効果が認められるため、生理痛の緩和はもちろん、生理前の不調(PMS)にもっとも有効とされている成分です。体に必要な栄養素を多く含み、アンチエイジングにも効果があることで注目されています。

生理痛改善成分プラセンタの効果について詳しく見る

オメガ3 DHA・EPA・αリノレン酸という油に含まれる必須脂肪酸のオメガ3は、ホルモンバランスを整え、血液をサラサラにして中性脂肪の上昇を抑える作用があり、生理痛のもと「プロスタグランジン」の分泌を抑える効果があるとされています。

生理痛改善成分オメガ3の効果について詳しく見る

ビタミン 体を整える作用のあるビタミン。中でもビタミンB6やビタミンEは、ホルモンバランスを整え、イライラを改善し、血行を良くする作用があるとされています。

生理痛改善成分ビタミンの効果について詳しく見る

鉄分 鉄分は、赤血球中のヘモグロビンの主成分です。経血量が多い人に起こりやすい、めまいや貧血といった症状の改善に効果があります。

生理痛改善成分鉄分の効果について詳しく見る

イソフラボン 主に大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのひとつエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをする成分です。そのため、ホルモンバランスを整えるのに効果があるとされています。

生理痛改善成分イソフラボンの効果について詳しく見る

ハーブ 西洋で昔から芳香療法として親しまれてきたハーブ。ホルモンの調整や消炎・鎮静など、月経痛やPMSの緩和に効果的な様々な作用があると言われています。

生理痛改善成分ハーブの効果について詳しく見る

マカ マカは必須アミノ酸やミネラルが豊富で、滋養強壮や体質改善に良いとされている成分です。ホルモンの分泌や調整にも効果があり、女性の体を健康に保つと言われています。

生理痛改善成分マカの効果について詳しく見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ