ランキングトップ5

生理時にむくみやすい理由とは?解消方法はある?

生理の時期になると、体中が水っぽくなってむくみの症状が現れやすくなります。こうした生理時に起こるむくみも、生理前症候群(PMS)の症状の一つ。足や手だけでなく、体全体がむくんだ状態になり、お腹周りがぽってりとしたり、胸が張って痛みが出たりします。そしてこのむくみは、解消に取り組まなければ更なるトラブルを引き起こす要因にもなるのです。

そのむくみは生理だから?

普段から足のむくみがお悩みだという女性は少なくありません。そのほとんどが、デスクワークで長時間座っているためとか、立ちっぱなしの仕事であるとか、同じ姿勢をとり続ける事によるものです。しかし中には、生理が関係して起こるむくみもあるのです!あなたのむくみの原因が生理なのか、チェックしてみましょう!

生理時のむくみ生理が関係したむくみは、生理前になると発症します。体全体に水が溜まったようになり、手や足といった普段からむくみの症状が出やすい場所はもちろん、下腹部や胸といった場所にもむくみがあらわれるのが特徴になります。特に胸のむくみで、張りと痛みという症状を訴える人は多いです。

生理時にむくみの症状を起こしやすいのは、

  • 冷え性で血行が悪い
  • 筋肉が少なく代謝が良くない
  • ストレスが溜まっている
  • ファーストフードやインスタント食品を良く食べる

といったタイプの人です。これらの人は体の中に水分をためこみやすく、むくみやすいと言われています。

生理時にむくみが起こる理由

生理時は甘いものが欲しくなる生理前にむくみの症状があらわれるのは、排卵後に多量に分泌されるプロゲストロン(黄体ホルモン)が大きな要因と言われています。プロゲストロンは妊娠に備えて体に水分を溜めこむ性質を持っています。そのため、代謝機能が低下し水分の代謝も悪くなるため、体中が水っぽい状態になり、むくみが起こりやすくなるのです。

PMSのむくみ症状が起きると、体温の上昇や腸の蠕動運動の抑制が起こるとされ、便秘になりやすくなります。生理前に甘いものが欲しくなるのも、糖の代謝が低下して血糖値が下がるためだと考えられています。また、活力をコントロールする脳内物質セロトニンの減少にもむくみが関係しており、メンタル面の生理痛を悪化させる要因にもなりうる可能性があります。

生理時のむくみを解消しよう!

排卵後にプロゲストロン(黄体ホルモン)が増加するため、体に水分が溜まり体中がむくんだ状態になります。このむくみの症状がひどくなると、PMSのうつ症状を悪化させる可能性があるので、放置せずに解消していくことが望まれます。生理前に起こるPMSのむくみ症状を解消していく方法をご紹介しますので、試してみてください!

PMSの症状であるむくみを解消するには、2つのアプローチの仕方があります。

1 ホルモンバランスを整える

1つはむくみの要因であるホルモンバランスの乱れを整えてあげる方法です。プラセンタやビタミンB群・ビタミンEといった、女性ホルモンを整えるのに有効な成分を摂取して、むくみのもとになるプロゲストロン(黄体ホルモン)の分泌を調整してあげることで、むくみ症状の悪化を予防します。>>おすすめプラセンタサプリを見る >>プラセンタについて詳しく見る

2 血行を良くする

もう一つが、水分の代謝を促して体に溜めこまれた水分を体外へ排出し、むくみの症状を解消する方法です。そのためには、血行の促進や冷えの改善をして、代謝機能を上げていくのが一番!オメガ3は血行を良くするのにとても有効な成分ですので、代謝を促すためにぜひ摂取したい成分の一つです。>>おすすめオメガ3サプリを見る >>オメガ3について詳しく見る

>>生理痛症状の緩和に有効なその他の成分

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ