ランキングトップ5

生理痛症状・肌荒れの原因と緩和法

生理のたびに繰り返しできる大人ニキビ。多くの女性が、生理前にニキビなどの肌荒れに悩まされています。中には顎ニキビができたら生理がくる、という方も…。目立つ口まわりにニキビができやすいのも生理症状の特徴です。しかし、なぜ生理前に肌荒れは起こるのでしょうか?そのメカニズムを知ることで、肌荒れの症状を緩和する方法を見つけていきましょう!

生理前に肌荒れが起こる原因とは?

生理前の肌荒れ生理前に肌荒れの起こる原因は、ホルモンバランスが関係しています。 「生理前の肌荒れは仕方がない」と諦めていた方でも、原因を知ることで肌荒れは未然に防ぐことができるのです。

生理前の肌荒れの原因とされているのが、黄体ホルモン(プロゲステロン)の過剰分泌です。

生理には「卵胞ホルモン(エストロゲン)」「黄体ホルモン(プロゲステロン)」という2つの女性ホルモンが大きく関係していますが、生理前に増えるのが「黄体ホルモン」です。このホルモンは妊娠を助けるホルモンで、体内の水分を保持したり食欲を増進させる働きがあります。また、皮脂の分泌量を増やす働きもあるので、それによってニキビなどの肌荒れが起こりやすくなるのです。

そして「黄体ホルモン」が増加すると、肌を菌から守る「抗菌ペプチド」が減少し、肌のバリア機能を低下させてしまいます。バリア機能が低下すると、肌内部の水分を保持できず肌が乾燥しやすい状態となり、その乾燥を補おうとますます皮脂分泌が活発になるという悪循環が起こるのです。分泌された過剰な皮脂は、皮脂腺の多い顎に集中的に詰まってしまい、結果として口まわりにニキビとして現れるということです。

つまり、生理前のニキビ・肌荒れが起こる原因とは、黄体ホルモンによる皮脂分泌の増加、肌バリア機能の低下による乾燥が原因として考えられます。

生理で起こる肌荒れの予防・緩和法

生理前の肌荒れを防ぐには、ホルモンバランスを整え、余分な皮脂をため込まないことが重要となります。そんな生理痛症状・肌荒れを予防・緩和するおすすめの方法を2つご紹介します。

生理の2週間前からは、油分を控えいつもより野菜を意識的に摂った食事がおすすめ。さらにビタミンB群(玄米、ゴマ、大豆、魚など)は皮脂の分泌を抑える作用があるため、普段より多めに摂りたいですね。他にも肌のハリや潤いを保つ、緑黄色野菜(かぼちゃ、にんじん、トマト、ブロッコリー、ほうれん草など)を摂るようにすると良いでしょう。

食事だけでは補いきれない成分は、サプリを活用するのがおすすめ。ビタミンB群だけでなく肌によい栄養素を含むビタミンAビタミンC。女性ホルモンのバランスを整え、細胞を活性化するプラセンタも肌荒れに効果的です。また、血流を良くしたり肌に潤いやハリを出す卵胞ホルモンと似た働きをするイソフラボンを摂るとよいでしょう。

肌荒れを悪化させるNG行動

生理前の肌荒れ生理前の時期は、お肌が普段よりもとても敏感になっているため、外からの刺激でダメージを受けやすくなります。皮脂の分泌が多いからといって、いつもより洗顔の回数を増やしたり、過剰な洗顔はNG!肌を清潔に保つことは大切ですが、必要以上に洗いすぎると肌に必要な油分までなくなり、かえって肌を乾燥させてしまいます。

洗顔は朝晩の2回、毛穴の汚れを落とすように、優しく丁寧に洗うように心掛けましょう。また、手には多くの雑菌がついているため、洗顔の前には石鹸で手を洗うと良いでしょう。洗顔で余分な皮脂を取り除いたら、しっかりと保湿することも大切です。

そして生理前は甘いものや脂っぽいものが食べたくなりますが、それらの食べ物は皮脂の分泌を増やしてしまうため、できるだけ控えましょう。特に、動物性の油(バター、ラード、牛脂など)やチョコレート、スナック菓子、ナッツ類も摂り過ぎないように注意が必要です。しかし、我慢のしすぎでストレスをためないよう、お菓子は1日1つなど自分の中でルールを決めると良いかもしれません。

普段の生活習慣を見直すことで、生理前の肌荒れは防ぐことができます。仕方がないものと諦めずに、肌荒れを起こさないよう出来ることから始めていきましょう。

>>生理痛症状の緩和に有効な成分を見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ