ランキングトップ5

経血が異常に少ない過少月経とは?

生理に関する症状の中に、過少月経というものがあります。これは、生理が始まってもナプキンの交換がほとんど必要のないくらい、経血の量が異常に少ないというものです。子宮の発達が未熟な若い人や、閉経へ近づいている人に現れやすい症状で、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れや、排卵障害などが要因とされています。

経血の量が異常に少ない、過少月経とは

生理の出血が少ない生理の経血量が異常に少ない、そんな生理に関係して起こる症状の一つが、過少月経です。排出される経血の量がピークと言われる2日目であっても、ナプキンを変える必要のないくらい経血の量が少ないというのが特徴です。経血の量には個人差がありますが、あまりに少なすぎるとどうしても不安になってしまいますよね。

生理に関係して起こる症状の中に、生理の時の経血量が異常に少ないという過少月経というものがあります。またほとんどの場合で、生理が1~2日で終わってしまう「過短月経」と同時に発症し、ナプキンの交換がほとんど必要ないほど経血量が少なくて、かえって悩んでいる女性は少なくありません。この過少月経は、

  • 閉経に近づいている人
  • 子宮の発達が未熟な人
  • ストレス過多の人
  • 卵巣の働きが活発でない人

といったタイプの人に起こりやすいと言われています。閉経の近い人の場合は、閉経へ向けて経血量が少なくなっていくのは自然なことで、あまり問題はありません。

また、10代でこの症状が出ている場合は、子宮もまだ成長過程にあるということで、こちらもあまり心配はいりません。ただ、20~30代前半でこの症状が出ている場合は、子宮の発育が良くないことが考えられます。同時に卵巣の働きも良くないと考えられますので、ホルモンバランスを大きく崩しているために症状が出ている可能性が高いです。>>ホルモンバランスを整える成分を見る

過少月経になってしまう原因は?

生理の出血が少ない生理中に経血が一番多く排出される2日目でも、ナプキンを変える必要のないほど経血量が少なく、生理自体も1~2日で終わってしまうのが過少月経です。あまりに少ないので変に心配になってしまう過少月経の症状があらわれる原因は、閉経に近いことや子宮の発育が未熟であること、過剰にストレスがかかっているといったものが挙げられます。

過少月経とは、生理が始まってもナプキンを変える必要がないほど、経血量が極端に少ない症状の事を指します。あまりの量の少なさと生理の短さに、かえって何かあるのでは?と心配されている方も多いでしょう。そんな過少月経が起こる原因は一つではありません。

閉経が近い年代の人であれば、閉経へ向けて経血量減っていくのは自然なことですし、10代のまだ成長過程にある人は、子宮も未成熟のため経血量が少ないのもうなずけます。

ところが、20~30代前半の人にこの症状が見られる場合、子宮の発育不足・卵巣の機能低下・ストレスによるホルモンバランスの乱れ・無排卵月経など、数多くの原因が考えられます。

また、過少月経を改善せずにそのままにしておくと、無月経になってしまうこともあります。そうなると不妊などの弊害が出てしまいますので、早めの対策が求められます。

過少月経を放置しない!産婦人科で正確な診断を

産婦人科で生理痛対策経血の量が極端に少ない過少月経には、年代によって気を付けるべきことに違いがあるようです。閉経に近い人やまだ10代の女性は、症状があってもあまり心配はないようなのですが、20~30代前半の女性が過少月経の症状を放置すると、大変なことになる可能性があるのです。リスクを避けるためにも、産婦人科で正しい診断を受けましょう!

経血の量が極端に少ない過少月経と、生理が1~2日で終わってしまう過短月経の症状は、発症している人の年齢によっても味方が違うようです。

例えば閉経に近い人に症状が見られる場合は、閉経へ向かっての自然な現象としてとらえられますが、20~30代前半の女性の場合ですと、年齢的にも少し不自然なことととらえる事ができます。

また、10代の女性の場合、まだ体が女性として子宮も未熟で成長途中であるということで、こちらも自然なこととしてとらえられます。このことからもわかるように、20~30代前半で症状のある方は、放置せずに一度産婦人科を受診して正確な原因を診断してもらいましょう。

婦人科の受診以外では、女性ホルモンのバランスを整える作用があるプラセンタオメガ3・イソフラボン・ビタミンEといった有効成分配合のサプリなどで、ケアしてあげるのがおすすめです。

>>生理痛症状の緩和に有効なその他の成分

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ