ランキングトップ5

もしかして病気?生理不順が起こる要因

生理は、一定の周期に沿って繰り返されていきます。しかし、何らかの原因が起こるとその周期が狂い、生理から次の生理までの日数がバラバラになってしまうことがあります。こうした周期の狂いや生理ごとに経血量が違うなどすることを、生理不順と言います。生理不順には、様々な病気が潜んでいる可能性が高いのです。

生理不順に隠されているSOSサインとは?

妊娠への準備を整えるために起こる生理は、一定の周期で繰り返されていきます。けれども、様々な要因によってその一定の周期が乱れてしまうこともあります。こうした状態を生理不順と言いますが、その症状が後ろに隠されている様々な病気に対する、SOSサインかもしれないのです!後で大変な事態にならないよう、注意が必要です。

女性の生理は、大体25~38周期でやってきます。周期は毎回同じ日数でなければ生理不順を疑われるかも知れませんが、その期間内であれば周期のずれがあったとしても問題はありません。しかし、周期が25日より短い、または38日より長い場合は、生理不順であると判断できます。

生理周期が25日より短い・頻発月経
卵巣の機能が落ちている、もしくはストレスによるホルモン分泌の乱れが原因で起こると考えられています。無排卵や黄体機能不全、子宮ガンなどの病気が隠れている場合があります。
生理周期が38日より長い・稀発月経
卵巣の働きが不十分ホルモン分泌の乱れが原因と考えられます。無排卵である可能性も否定できません。

なぜ生理不順は起こるのか

生理痛の周期が不順色々と心配になってしまう生理不順ですから、何が原因で起こるのかは気になるところですよね。生理不順が起こるのには様々な要因が考えられますが、最も基本的な原因とされているのが、女性ホルモンバランスの乱れです。血行不良や代謝機能の低下、体の冷えといった肉体的なことから、精神的なストレスがホルモンの分泌に悪い影響を与える場合もあります。

生理は女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)のバランスによって調整されています。そしてこの2つの女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部・脳下垂体・卵巣の3カ所が関係しながらおこなっています。ですので、このうちどれか一つでもトラブルになれば、すぐにホルモンバランスを乱れにつながってしまうのです。

そして、この3つの機能にトラブルを起こさせてしまうのが、ストレスです。そのため、過剰なストレスはホルモンバランスを崩す要因と言われているのです。

また、血行不良や冷え、代謝機能の衰えなども、ホルモンの分泌を乱す要素とされています。

生理不順だと思ったら~早めの受診のススメ

生理周期が乱れるなどの症状がある生理不順は、体からのSOSサインをも言われています。実は、単にホルモンバランスが崩れているために起こっているのではなく、その後ろで発症している別の病気のサインである場合もあるからです。しかし、それが病気のサインかどうかを自己診断することは、難しいですし避けた方が良い行為です。

産婦人科で生理痛対策生理不順と呼ばれる様々な症状は、主に女性ホルモンのバランスが崩れるために起こると考えられています。生理不順が長く続くと妊娠しづらくなる可能性があるので、早めに改善していくことが大切です。

ホルモンバランスを整えるのに有効とされる成分のプラセンタ・イソフラボン・ビタミンE・ビタミンB群などを摂取で、改善対策をしていくのがおすすめです。

しかし生理不順の場合、その後ろに病気が隠されていることがあります。そのため生理不順は、病気が発症している体からのSOSサインともいわれていて、その症状をホルモンバランスのせいだけにするのは、不安が残ってしまいます。もちろん、病気が原因でない場合もありますが、自己診断で病気の有無を判断をせずに、婦人科できちんと診断してもらいましょう。

>>生理痛対策におすすめのサプリを見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」生理痛改善サプリ「亜麻仁の滴」

このページの先頭へ