ランキングトップ5

生理前の気分の沈み、うつの原因は?

生理がもうすぐ始まりそう…そんな生理前の時期になると気分の落ち込み・やる気がでない・体のだるさといった、いわゆるうつ症状が出る場合があります。この症状は生理前症候群(PMS)の一つで、ひどい人では死にまで思い至ってしまうケースもあるのだそうです。そんな辛いうつ症状を改選するためにも、うつが起こる要因を知りましょう。

「わけもなく憂鬱で、ネガティブなことしか考えられません」

生理前に起こるメンタル面での症状の一つに、うつ症状というものがあります。うつ症状は、生理が始まる1~2週間くらい前から現れ始めます。突然の気分の落ち込み、体のだるさ、無気力感などにさいなまれ、全ての思考がネガティブなものになってしまう、そんな生理前のうつ症状にはどんな辛さがあるのでしょうか。

イライラに悩んでいる人の声

生理痛症状コメント「生理が始まる1週間くらい前から気分が落ち込みやすくなって、体もだるいし何もする気がなくなってしまいます。もちろん、家事などしなければならないということは、わかっているんです。けれども体は動かず、なんだか世界に一人だけ取り残されたような、ひどく悲しい気持ちだけが増していくのです。生理が始まってしまえば、そんな気分もすっと治まってしまうのですが、悶々とするあの数日間がまた来るのかと思うと、気が滅入って仕方がありません。」

うつ症状は思考がネガティブにしか働かなくなり、孤独感や絶望感にさいなまれる重く苦しい症状です。PMSによるうつ症状は、生理が始まると解消されますが、生理のたびに繰り返される症状に、みなさん悩まされ続けています。

なぜ生理前にうつの症状が起こるのか?

なぜ生理前にうつの症状が起こるのか生理の時に起こる様々な症状に、多くの女性たちが悩まされています。そんな症状の一つが生理前に起こるうつ症状で、生理が始まる1~2週間くらい前に突然気分が落ち込み、生理が始まって1~2日で治まります。他にも、無気力・倦怠感などがありひどい絶望感や孤独感に襲われることも。そんなうつ症状はどうして起こってしまうのでしょうか?

生理前になると起こるうつ症状は、生理前症候群(PMS)の症状の一つです。

うつ症状は、PMSを発症する要因である排卵時に起こるホルモンの急激な変化で、脳内物質の「セロトニン」の分泌が低下することと関係していると考えられています。セロトニンは、私たちのやる気・活力といった元気をコントロールしているとされています。そのため、セロトニンの減少は無気力や憂鬱、つまり生理前のうつ症状を招くと考えられているのです。

またうつ症状には、症状が出やすいタイプの人もいます。例えば几帳面でまじめな人、ストレスへの耐性が弱い人などは、PMSでうつ症状を発症しやすいとされています。

気分が沈む…生理前のうつを緩和するには

突然気分が落ち込み、何をするにもやる気がでない…。そんなPMSのうつ症状は、日常生活に支障をきたしてしまうほどひどいケースもあります。辛い症状を改善するには、どんな方法が効果的なのでしょうか?そのヒントとなるよう、PMSのうつ症状を改善させる効果が期待できる成分や、口コミの緩和方法についてなどをご紹介します。

まず、この重苦しいメンタル面での症状を緩和させるのに効果が期待できる成分には、次のようなものが挙げられます。

上記の他に、チエストツリーやゼラニウムなども症状緩和に効果が期待できるとされています。

症状が起こる少し前から意識して摂取していけば、症状の改善が見込めます。また、大豆などの植物性タンパク質には、トリプトファンが多く含まれている食品なので、症状の緩和のためにみなさん積極的に取り入れているようです。

口コミ・うつ症状の緩和法

食事とサプリで対策してます。食事はお魚中心の和食を多くして、生理の時期が近付くとそのサプリメントを加えて、PMSに備えています!
漢方薬おすすめですよ!私が飲んでいるのは「加味逍遥散」という漢方で、飲み始めてから調子が良くなりました!
お灸でツボを温めています。以前からの冷え症がPMSに関係していたのか、お灸をするようになってからひどく落ち込むことはなくなりました。

>>サプリでの生理痛対策について詳しく見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ