ランキングトップ5

食べ物で生理痛が緩和出来る?管理栄養士が真相を解説

女性たちのお悩み・生理痛。その辛い症状を緩和するために、みなさん色々な生理痛対策に取り組んでいらっしゃると思います。そんな生理痛対策の一つに「食べ物」があります。「これ食べると生理痛に良いらしいよ!」そんな噂の食べ物たちは、本当に生理痛緩和に良いのでしょうか?その真相を、管理栄養士の先生が教えます。

食の偏りは生理痛のもと?食事と生理痛の関係

辛い生理痛を緩和する方法の一つに、食べ物で対策するというものがあります。「これを食べると生理痛が楽になる」という食べ物はいろいろ聞きますが、それらの食べ物すべてが本当に生理痛緩和に良いのでしょうか?そして、食事と生理痛にはどんな関係があるのでしょう?その真相について、管理栄養士である豊田愛魅先生に解説していただきました。

管理栄養士・豊田愛魅

生理痛と食べ物の関係(管理栄養士・豊田愛魅)オーガニックカフェメニューの開発や実演販売、TVのグルメコーナーへの出演を経て、現在は食と美容を専門とするフリーの管理栄養士として、各種メディア出演や雑誌、食品会社とのコラボレーションなどで活躍中。

また、サロンモデルや雑誌モデルとしても活動の幅を広げています。

オフィシャルHP▶http://biyou-eiyou.com/

生理の時期が来るたびに襲われる様々な不快症状に、多くの女性たちが悩まされています。そんな生理痛がひどくなってしまう要因には、ホルモンバランスの崩れ・体の冷え・自律神経の乱れなどが挙げられていますが、それらを引き起こすきっかけとなってしまうのが実は食生活の乱れなのです。

食生活で生理痛を改善私たちの体を健康に保つには、必要な栄養素をしっかり摂取するというのが基本中の基本です。しかし、女性の社会進出が進んできた現在、不規則な食生活や偏った食事で必要な栄養素が十分に摂取できずにいる人が増えてきています。栄養不足に陥った体は当然バランスを崩し、それが生理痛の悪化へと繋がってしまうのです。

生理痛を緩和したいなら避けたい食生活NG例

生理痛を緩和するためには、体のバランスを整えることが大事です。そのためには、体のために必要な栄養素を摂取できるよう、日頃からバランスの良い食生活を心掛けるのが大切になってきます。そこで、生理痛の緩和には避けた方が良い、食生活のNG例を2つご紹介しますので、現在の食生活を見直す上での参考にしてみてください。

NG例1:偏った食生活

生理痛悪化の原因

「好きな物を好きなだけ食べる」「好きな物しか食べない」「ジャンクフードやスナック菓子が手放せない」などの偏った食生活

私たちの身の回りには、食べ物が豊富にあります。食べ物を選べるとても恵まれた環境にあるのですが、反面手に入りやすいということで「好きなものだけ食べる」偏食生活を送る女性がとても多くなってきています。でもこれでは、特定の成分だけ大量に摂っていることになり、栄養バランス的にはNG。

今は良いかもしれませんが、栄養不足の人はそうでない人に比べて老化が早く、代謝機能の低下・血行不良・内臓機能が衰えが起こりやすいのです。また、体は冷えやすくなり、ホルモンのバランスも崩れやすくなるため、生理痛を悪化させることになってしまいます。

NG例2:不規則な食生活

生理痛悪化の原因

「「忙しくて食べたり食べなかったり」「食べる時間がバラバラ」「ダイエット中だから食べない」などの不規則な食生活

女性の社会進出が進んでいる現在、どうしても食事をする時間が不規則になりがち。また、ダイエット志向も相変わらずで、3食十分に食事を摂らない女性も多いようです。こうした食生活の人は内臓に負担をかけがちで、上手に栄養の吸収がされていない可能性があります。

食事の内容に無関心だったり、栄養面を無視した食生活をしていると、当然必要な栄養素が摂取できるはずもありません。まこの状態を続けていると、イライラなどのPMS症状や貧血症状の悪化、肌トラブル、髪の毛のパサつきにもつながっていきます。

生理痛に良いと言われる食べ物のウソ・ホント

生理痛を緩和する対策方法として、食べ物にも注目が集まっています。確かに、生理の時に不足しがちとなる成分を補ってあげることで生理痛の緩和につなげる事は期待できます。では、どんな食材を食べれば生理痛の緩和や予防に良いのでしょうか?そこで、生理痛に良いと噂の食材について、その真相を解説します。

Q1.豆乳が生理痛緩和に良いというのは本当ですか?

A1.豆乳に含まれるイソフラボンが、低下した女性ホルモンのエストロゲンの働きを助けるため、生理痛の緩和に良いとされています。ただ、摂取しすぎると逆効果にもなるようです。

>>豆乳と生理痛緩和の関係について詳しく見る

Q2.どうしてココアが生理痛に良いと言われているの?

A2.ココアに含まれるマグネシウムというミネラルが、自律神経を整え血行を良くする働きをします。そのため、PMSの改善に効果があると言われています。

>>ココアと生理痛緩和の関係について詳しく見る

Q3.どうしてヨーグルトで生理痛が緩和できるの?

A3.ヨーグルトの乳酸菌とカルシウムが、PMSの症状を緩和する働きがあるとされています。ですが、人によっては乳製品が逆効果になる場合もあるようです。

>>ヨーグルトと生理痛緩和の関係について詳しく見る

Q4.グレープフルーツと生理痛は関係があるの?

A4.クレープフルーツには、血流を促進させミネラルの吸収を助ける働きがあります。そのため、冷えからくる生理痛の痛みを和らげ、PMSの症状の緩和にも期待ができます。

>>グレープフルーツと生理痛緩和の関係について詳しく見る

Q5.納豆を食べて生理痛が緩和するって本当ですか?

A5.豆乳と同じく納豆にも豊富にイソフラボンが含まれているため、女性ホルモンを整え生理痛緩和に効果があると言われています。こちらも摂取のし過ぎに注意が必要です。

>>納豆と生理痛緩和の関係について詳しく見る

Q6.アーモンドが生理痛の緩和に良い理由は何ですか?

A6.アーモンドは、女性ホルモンを整え血行を良くする働きをするビタミンEの含有率が№1の食材です。ミネラル分も豊富で生理痛緩和に適した食品ですが、やはり摂取量には注意が必要です。

>>アーモンドと生理痛緩和の関係について詳しく見る

Q7.生理痛の緩和にプルーンが良いというのはどうして?

A7.プルーンは健康果実と言われるほど、ミネラル分が豊富な果物です。そのため、生理痛やPMSの緩和に有効な食材と言われています。

>>プルーンと生理痛緩和の関係について詳しく見る

生理痛改善サプリ「母の滴プラセンタEX」

このページの先頭へ